【mainWEB】planetplant.client.jp別棟


by joker

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:p*p essence ( 5 ) タグの人気記事

3年目の太陽法(DEMO No.3)

今年の遠足実習も、無事に終了。
最初こそ台風に翻弄されましたが、最終日には太陽法でエッセンス作成を体験することができました。

実際には、前夜の天気予報でも晴れるかどうか五分五分でした。
ただ、既に環境エッセンスができ上がっていたことから、私自身、煮沸法はまったく考えていなかったのです。
たとえ雲がかかってエッセンス作成が失敗したとしても、先に作っておいたエッセンスをお土産にすればよいだけのこと。
一か八かの勝負に出たって構わない…その強気が、結果的に晴れを呼び込んだように思います。

また、参加者とシェアリングを深めていくなかで、今回のテーマは「自分との信頼関係を取り戻す」であることがわかってきました。
テーマからしてみても、強力な変容を促す火の力を必要とするものではありません。
太陽から降り注がれる優しい光の中で、見失っていた自分自身の特質に気づいていくような内容だと感じたからこそ、今回は特に太陽法にこだわりたかったのです。

そうして生まれたのが、このエッセンスです。
e0190756_13525956.jpg


今回のエッセンス植物はこちら
[PR]
by planet_plant | 2017-08-12 15:38 | field work

本日、特別な日につき。〈後編〉

ふと未明に目覚め、気になって時計を見ると、ジャスト満月(月食)。
雨も風もなく、静かな夜でした。
満月に起こされるあたり、なんか意味がありそう…。
そう思いながら再び寝入り、朝を迎えたのです。
そうしたら、台風は予想進路を外れて日本海に抜けたようで165.png

本当だったら、台風の目の中に入った状態でエッセンスを作りたかったなぁ…ちょっと残念(暴風雨をしのぐ手段ばかり考えてましたから106.png)。
でも、明け方から台風の影響とわかる雨176.pngが降り出しました。

雨の中でのエッセンス作成。。。
湧き水でボウルを満たしても、いつの間にか雨水に入れ替わってしまうんじゃあ?と思いながら、前日下見をした場所へと向かいます。
そこは、当初予定していた場所ではありませんでした。

「ある花のエッセンスを作ろうと思って出かけたのに、別の花のエッセンスを作って帰ってきた」という体験を、英国ヒーリングハーブ社のフラワーエッセンス・プロデューサー、ジュリアン・バーナード氏から伺ったことがあります。
そのとき、その瞬間に必要最善のものが生まれる。
エッセンスを作るということは、自然界とセッションするようなものなのです。

e0190756_21462170.jpg私が今回セッションをさせていただく場所に選んだのは、1本の“森の貴婦人”(シラカバ)の足元でした。
根元にできていた浅い洞に、湧き水で満たしたガラスボウルを置きます。
ガラスの縁までなみなみと湧き水を注ぎ、そして待つこと数時間。
エッセンスができ上がるまでは、何もすることがありません。
木蔭で雨をしのぎながら、流れていく雲をぼんやりと眺めていたり、他に人が近づく気配がないのを確認してから、その場を離れて周辺を散策したり。
すると…ツリフネソウにキンミズヒキにクレマチス、アカマツと、立て続けにフラワーエッセンス植物と遭遇したのです。
これは、エッセンス作成が上手くいっていることを告げるメッセージかも…そんなふうに思えてきました。

正午近く、そろそろでき上がる頃。
明らかにガラスボウルの印象が変わったことに気づきました。
ジュリアンは「ウインクをする」と表現していましたが、私が観察した環境エッセンスのそれは「虹の輝きが浮かぶ」という印象です。

ただ…なにせ、初めての経験。
これがエッセンス完成を知らせるサインなのか? 確信がつきません。
それなので、角度を変えて繰り返し何度もボウルを観察し続けました。

決定的なサインとなったのは、ガラスボウルの中に虫が飛び込んだこと。
すでに雨は上がり、時おり太陽の光が地上に届くようになっていたものの、それまでに降った雨はガラスボウルの湧き水を跳ね上げていて、水は3分の2ほどになっていました。
飛び込んだ虫は、縁まで高さがあるため、自力では逃げ出せずにもがいています。
(ああ、これがダメ押しか〜)と、ようやく理解した私は、植物の茎で助け舟を出して虫を救出。
そうして、でき上がったエッセンスを撮影したのがこちらです。


planet*plant作・環境エッセンス第1号
[PR]
by planet_plant | 2017-08-09 08:34 | field work

DEMO No.2

今年の遠足実習ででき上がったエッセンスも昨年同様、煮沸法によるもの。
昨年は太陽法で作るか、煮沸法で作るか、ギリギリまで悩みました。
でも今年は…雨音で目覚めた時点で、すでに太陽法の選択肢は消滅(;_;)
花のコンディションを考えると、煮沸法でできるか? はたまた今年は悪天候時のワイルドカード・環境エッセンスを作るか!?という、新たな選択肢で悩まされたのです。

早朝の雨は、8時すぎには曇り空に変わったため、かろうじて煮沸法のエッセンスが作れる!と判断。
そうして、今回はこのエッセンスが誕生しました。
昨年と絵づらが変わりませんけれど。。。(大汗)
e0190756_14104753.jpg
昨年ほどではありませんが(^_^; このエッセンスができるまでにも、ちょっとしたドラマがありました。

エッセンス作りは、前日から始まっている
[PR]
by planet_plant | 2016-09-13 13:40 | field work

変容への促し(DEMO No.1)

7月18日から20日で「フラワーエッセンスを生きる」講座修了者を対象にした、2泊3日の遠足実習を行いました。

この講座を立ち上げたときから、修了者を対象にして自然の中に出かける機会を設けたい…と、漠然と考えていました。
年に数回、季節ごとに植物園を訪ねる会を企画しようかしら…。
そんなふうに考えていたのですが、あるときにイメージが明確に湧き上がったのです。

そうだ、フラワーエッセンスができ上がるプロセスを、みんなで一緒に体験しよう!

そのためにふさわしい場所を考えたときに思いついたのが、長野・飯綱高原にある「水輪」。
6月に下見と打ち合わせを兼ねて現地を訪ね、入念に準備を済ませて、いよいよ当日を迎えました。

そうして誕生したのが、このエッセンスです。
e0190756_9565474.jpg
私の荷物リストには、太陽法で作るためのガラスボウルだけでなく、ホウロウ鍋も加えていました。
天候次第では太陽法でエッセンスが作れない可能性を考慮して、煮沸法を選択できるようにしたのです。
結果として、初めての遠足実習となる今回は、煮沸法になりました。

でも、煮沸法でエッセンスを作るに至ったのには、天候がその理由ではありません。
今回の作り手となった私たちの現状を考慮すると、太陽法よりも煮沸法だという結論に至ったのです。

火の力で古いパターンを破壊する
[PR]
by planet_plant | 2015-08-02 08:38 | field work

現実世界を創造する

「虐待」という強烈な言葉が今回のトリガーとなりましたが、今思うと「虐待」という表現は正しいものではないのかもしれません。
“そのイバラは木村さん自身が自分で巻いている印象”と友人に指摘されて考えるのは、結局のところ自分自身の問題なのです。それなので、虐待を受けていたというよりも、自分で「自主規制」をしていた、というのが適切な表現なのかな、と思いました。
ただもちろん、感情表現を素直に出すことのできない状況や環境に置かれていたのは事実なのでしょう。かつて、自分のタイプレメディを見つけるために幼少期の様子を母親に尋ねたことがあったのですが「まったく手のかからない子だった」と言っていましたから。

いずれにしても、この問題と取り組むにあたって、フラワーエッセンスを選んでみました。
すると導かれたのは「クレマチス」でした。

e0190756_2122430.jpgクレマチス(Clematis)

学名:Clematis vitalba
和名:クレマティス・ウィタルバ
キンポウゲ科センニンソウ属

夢見がちで、ぼんやりしていて、十分に意識が目覚めていないような人に。生きることに強い関心がありません。物静かで、現状をあまり楽しめず、現在よりも未来—理想が実現するかもしれない、もっと幸せになれるかもしれない希望—に、生きています。なかには病気の時に、よくなる努力を全く、あるいはほとんどしない人もいます。より良い時を願って死を楽しみに待つことさえあります。このような人は、亡くなった愛する人にまた会えるのを楽しみにしているのかもしれません。
エドワード・バッチ著「12ヒーラーズとその他のレメディー」(BABジャパン『エドワード・バッチ著作集』より)

バッチ博士は、クレマチスのネガティブな状態を、自殺の洗練されたひとつの形態“消極的な自殺”と述べています。心の闇に迷い込んでしまうとまったく何も感じられなくなる私の状態は、まさしくこの“消極的な自殺”と言えるでしょう。

クレマチスのフラワーエッセンスは、地に足をつける、つまり現実世界にしっかりと意識を向けさせる働きがあります。かつて「クレマチス効果」と名づけて旅の予定が決まっていくさまを綴ったことがありましたが、今回の無感覚ゾーンへの取り組みに、クレマチスはどのような現実との向き合い方を促すのだろうと思いました。
内面世界ばかりに意識を向けるのではなく、もっと即物的なほうに意識を向かされるのかな? ちょうどいわゆる“普通の”ビジネスのプロジェクト会議に出席するよう要請が出ていたので、スピリチュアル熱を少し冷ます必要があるのかな、と思っていました。

ところが、そうではなかったのです。
クレマチスのフラワーエッセンスを飲み始めて4日目の昼、私は自分でも驚くような行動に出ていました。

私が向かうべき現実世界とは
[PR]
by planet_plant | 2013-05-05 22:57 | free myself

Contact

自然と調和して、自然のリズムに合わせて、自然体で暮らすための自然療法とライフスタイルを提案。
植物のエネルギーを用いて心身を整える「Personal Session」と、植物や精霊、惑星とのつながりを深める「Lecture」を提供します。


【main WEB】
planet*plant

検索

カテゴリ

Celtic Wisdom
Flower Essence
Astrology
Special Events
about planet*plant
information
free myself
case study
field work
report
voice

タグ

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

Widget

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

スピリチュアル
スクール・セミナー