プロフィール

ニックネームjoker
自己紹介 木村 晃子(Akiko Kimura)

planet*plant主宰
Flower Essence Practitioner
Celtic Earth Wisdom Practitioner
Herbal Therapist
10月13日生まれ(天秤座)B型
栃木県出身、川崎市在住

ケルトとの出合いは、10代のとき。
エンヤの神秘的な音楽と、アイルランドの荒涼な大地に魅了されて、ケルト(島のケルト)に惹かれていきました。
その後「大人の絵本が作りたい」という夢を抱いて編集者になることを決意。
公務員を退職後に大学に進み、占い関連の書籍をメインとした編集プロダクション(説話社)に就職しました。

雑誌編集部に配属されてからは、さまざまなセラピーやワークショップ、セミナーを体験したのですが、その中で出合ったフラワーエッセンスに、深い感動を覚えたのです。
開発者であるエドワード・バッチ博士とヒーリングハーブ社のエッセンスプロデューサー、ジュリアン・バーナード氏の世界観に感銘を受け、ことほぎの香り主宰のホワード(上野)七歩子さんに師事しながらフラワーエッセンスを習得。
七歩子さんと一緒に英国やアイルランドを旅するうちに、ケルトとのご縁を確信するようになりました。

また、フラワーエッセンスと他の植物療法との併用を模索するように。
英国在住のハーバリストであるリエコ・バークレー・大島さんとの出逢いをきっかけに、編集者として『英国式メディカルハーブ』の企画・出版をコーディネートしています。

さらには「ケルティック・アースウィズダム(旧:ケルティック・アースマジック)」の創始者スーザン・ホールさんから古代ケルトの智慧を習得。
植物や精霊とのワークを通して自らの道を問い続けています。

私にとってフラワーエッセンスは、ケルトの真髄(ドルイド奥義)の象徴のようなもの。
プラクティショナー(practitioner=実践する人)という言葉が示すように、ケルトの世界観を現在の日常生活に役立てることを積極的に提案していきたいと思っています。

それは、植物や自然、地球や宇宙のリズムと調和した人生の実践。
さらに、目に見えるものだけではなく、目に見えないものの存在を感じながら、毎日を丁寧に暮らしていくことなどが
挙げられます。

planet*plantでは「自然と調和して、自然のリズムに合わせて、自然体で暮らす」をモットーに、自分らしく生きていこうとする人たちのお手伝いをさせていただきます。

【main WEB】planet*plant

*略歴*
2001年
英国ヒーリングハーブ社 バッチフラワーエッセンス プラクティショナーコース修了
2002年
planet*plantとして活動スタート
2006年
英国ヒーリングハーブ社 バッチフラワーエッセンス アドバンストコース修了
2008年
リエコ・バークレー・大島 著/説話社 刊『英国式メディカルハーブ』企画編集
2012年
フィオーレの森内「Spicaの部屋」で土曜オーナーとしてサロンOpen(1〜6月)
隠れ家サロン「Sanctuary」Open(11月〜)
2013年
ケルティック・アースウィズダム(旧:ケルティック・アースマジック)プラクティショナー認定
2016年
日本メディカルハーブ協会ハーバルセラピスト認定
性別女性
お住まい神奈川県
職業専門職