フラワーエッセンスの研究室


by planet*plant

プロフィールを見る

カテゴリ:about planet*plant( 5 )

“わたし”の本質、フラワーエッセンスの本質

フラワーエッセンスは感受性を高め、“わたし”の内側世界の中で、さまざまにささやく声を聞き分けられるようになる。
これが前回の投稿でお伝えしたことでした。

ここで初めて、フラワーエッセンスを開発したバッチ博士の記述をご紹介しますね。
バッチ博士は、1931年に講演した「汝、自らによって病む(Ye Suffer From Yourselves)」で、このように語っています。

つまり、このレメディー(注:フラワーレメディ=フラワーエッセンス)の働きは、私たちの波動を高め、魂を感受するための回路を開いて太くすることです。[中略]
レメディーは、美しい音楽のように、あるいは、インスピレーションを与え、気持ちを素晴らしく高揚させるあらゆるものと同じように、まさに人間の本性を高め、魂の近くへと引き上げる力を持っています。
(BABジャパン『エドワード・バッチ著作集』より)

身体の声。
心(感情)の声。
頭(精神)の声。

これら3人の“わたし”の声はとても大きく、絶え間なく続くので、よほど注意しないと高次の自己(ハイヤーセルフ)の声を聞き取ることができません。
そんな時にフラワーエッセンスは、あなたのエネルギー(波動)を高め、魂を感受するための回路(ハイヤーセルフとの繋がり)を開いて太くしてくれる、というのです。

もちろんですが、こういった作用はフラワーエッセンスに限りません。
瞑想や内観などの方法によって、ハイヤーセルフとの繋がりを深めていくこともできます。
ですから、用いる手段は人それぞれです。

どのような方法を取ったとしても、ハイヤーセルフとの繋がりが太くなると、内側の矛盾が解消され、心身の調和が取れていきます。
あなたの心が変わり、考え方が変わり、身体が変わっていく(つまりは、あなたのエネルギーが変化する)につれて、取り巻く環境も変化し、それによって人生が大きく変容するでしょう。

その一方で、ハイヤーセルフとの繋がりを実感し、自分自身が多次元な存在であることを理解すると、こんな疑問が湧くかもしれません。

「わたしは一体、何者なのか?」

この問いに対しても、バッチ博士の文章をご紹介します。
1932年に発表された『汝自身を解放せよ(Free Thyself)』には、このような記述があります。

この世のあらゆるものは、霊的な、目に見えないものを解釈したに過ぎません。一番小さな些細なものの背後にも、神の意図が存在しています。
ですから人間についても、誰もがこの世でなすべき、神から与えられた使命を持ち、魂は心と体を、使命を果たす道具として使っています。そして、心と体が魂に従い、この3つが調和して働いている時、完全な健康と幸福がもたらされるのです。
(BABジャパン『エドワード・バッチ著作集』より)

人間は、心・体・魂で構成されている。
永遠の存在である霊的な「魂」が、目に見えないカラダである「心」と、目に見えるカラダである「体」を、道具として使っている。
つまり、多次元な“わたし”の本質は、永遠に生きる魂であるということなのですね。

輪廻転生という考え方があります。
生まれ変わりを繰り返しながら、魂は経験を積んで成長していく。
肉体という器に収まった私たちは、どうしても人間のサイクル(人生)に終始しがちです。
しかし、もし意識を拡大して魂のサイクルに思いを馳せるならば、これまでとは違った景色や考え方が見えてくるはず。

有限(人生)である日常生活の中に、無限(魂)の気配を感じる。
それが当たり前になっていくと、今生の使命や目的について、つい考えたくなるのではないでしょうか。

「わたしは、この人生で何を成し遂げようとしているのだろう?」

ここにフラワーエッセンスの本質がある、と私は考えています。
今という時代、ここという環境を選んで生まれてきた“わたし”が、限りある人生と誠実に向き合って生きていく。

“わたし”が、わたしらしく生きる。
そのためのツールであり、魂の旅路(spiritual journey)において素晴らしい導き手となってくれるのが、フラワーエッセンスなのだと思うのです。

[PR]
by planet_plant | 2017-12-21 10:07 | about planet*plant | Trackback | Comments(0)

多次元な“わたし”

初めての人に、フラワーエッセンスをどう説明するか。
前回投稿の最後で、このように記しました。
花のエネルギーであるフラワーエッセンスは、「雰囲気」や「気配」という言葉で示される、あなたのエネルギーに共鳴してハーモニーを奏でます。
感受性が高まり、鈍っていた第六感が目覚めた結果、幸せを発見する感性(serendipity)や、奇蹟を感受する能力(sense of wonder)が研ぎ澄まされる。
私はそんなふうに考えています。
そして、感受性や第六感の高まりは、あなたの人生を変容させるための呼び水となっていくのです。

フラワーエッセンスを用いてからというもの、私は日々のふとしたことに目が留まるようになったと感じます。
刻々と空の色が変わる夕景174.pngに目を奪われたり、道端に佇む植物178.pngの存在に気づいて足を止めたり。
そうそう、こんな記事も書いていました112.png

こういった感覚が、幸せを発見する感性(serendipity)や、奇蹟を感受する能力(sense of wonder)です。
感受性の高まりは、自分を取り巻く環境のエネルギー(気配)を敏感に察知して、多くの気づきをもたらすようになるのですね。

そして、この感受性の高まりは、個人の内的世界(エネルギー)にも影響をもたらします。
今回は、“わたし”という存在の内的世界について綴ります。


“わたし”は、幾層にもわたる複雑な存在です
[PR]
by planet_plant | 2017-11-21 17:38 | about planet*plant | Trackback | Comments(0)

日本語からエネルギーを考える

初めての人に、フラワーエッセンスをどう説明するか。
毎度のことながら、ここが一番のネックです。

フラワーエッセンスを一言で説明するとしたら「お花のエネルギー」という説明になるでしょう。

初級クラスで用いるテキストには、このように説明されています。
「お花のエネルギー」という表現は、スピリチュアルに明るい人なら理解できるでしょう。
でも、現実にしっかりと根ざしてこられた方だと、疑問符が浮かぶかもしれません。
場合によっては胡散臭いと思われてしまう恐れも…148.png
そんな様子を察知して、先に「怪しく思えますよね〜」などと自虐的に話すこともあります。
それだからこそ、フラワーエッセンスを知らない人に説明するのはとても難しい…と感じてしまうのです。

でも…私たちが使っている日本語を意識してみれば、日本人は感受性や精神性にあふれた民族であることがわかります。
目に見えないエネルギーを表す言葉として、日本語には「気(氣)」がありますよね。
「元気」「病気」「気持ち」「無邪気」「気のせい」など、「気」が含まれる漢字や言い回しは山のようにあります。
「気」という単語が用いられるのは、人に関連する言葉だけではありません。
「天気」「空気」「地磁気」など、自然のエネルギーを表す言葉もたくさんあります。
これらの豊富な語彙を考慮するならば、私たち日本人は、昔からエネルギー(気)を感じ取っていたのは間違いないでしょう。
この感じ取る力とは、五感を超えた第六感の働きと言えるかもしれませんね112.png

物事の本質を察知する第六感は、特別な能力ではありません。
本来は、人間に備わった基本的な能力です。
しかしながら、文明や科学技術の発達により便利な生活を手に入れた一方で、私たちは第六感のような繊細な感覚を鈍らせてしまったように感じます。
でも、日本語で例えるならば「あの人とは気が合う」とか「この雰囲気が好き」といった印象を覚えることがあるでしょう?
説明はできないけれど、はっきりと確信できるもの。そういったところに、第六感が働いているのです。

花のエネルギーであるフラワーエッセンスは、「雰囲気」や「気配」という言葉で示される、あなたのエネルギーに共鳴してハーモニーを奏でます。
感受性が高まり、鈍っていた第六感が目覚めた結果、幸せを発見する感性(serendipity)や、奇蹟を感受する能力(sense of wonder)が研ぎ澄まされる。
私はそんなふうに考えています。
そして、感受性や第六感の高まりは、あなたの人生を変容させるための呼び水となっていくのです。

[PR]
by planet_plant | 2017-10-26 17:40 | about planet*plant | Trackback | Comments(0)

秘密の隠れ家

一昨年末から、サロンにいらしたお客様限定で、チラシと合わせてクーポンを配布しています。
このクーポンは、「お友達紹介で、お友達も紹介者も割引します」という、草の根的なもの。
でも…クーポンを使われた方は、残念ながらどなたもいらっしゃいません。

クーポンを配布するのは、ほとんどが常連さんです。
その常連さんがクーポンを使ってくださらないのは(まだまだ私の実力が足りない、ってことだよね…143.png)と受け止めて、もっと頑張らないと!満足していただけるものを提供しなくっちゃ!というモチベーションにしていました。

でも、どうやら私の実力不足だけが原因というわけではなかったようです。
先日、ふとしたことでお客様に「クーポンを配布しても使っていただけないんですよ〜」と漏らしたところ、申し訳なさそうにこう言われました。
「ごめんなさい。私はどちらかというと好きなものを独り占めするタイプなので、誰にも教えたくないんですよ」

少人数のアットホームな空間だから、人が増えて自分の席が確保できなくなるのは困る。
お気に入りのスペースとして、秘密にしておきたい気持ちがある。
もちろん、もっとたくさんの人に知ってほしいとは思うのだけれど。。。

そう告白されたとき、(ああ、そうか)と納得したのです。
類は友を呼ぶ。エネルギーを扱っているのに、そのことに思い至りませんでした。

私自身、お気に入りのもの、大切にしたいことに対しては、とても慎重になります。
安易に人に勧めてしまうと、自分の席が確保できない…という独占欲もありますけれど、それよりも何よりも、自分にとって神聖と思っているものが汚されてしまうかもしれない不安に駆られるのですね。
自分が特別とするものを、同じように感じ取って大切にしてくれる人でないと、なかなか胸の内をさらけ出したくありません。
そんな私が創る空間ですもの、そりゃあ、自分と似た感覚のお客様を引き寄せるわけです105.png

planet*plantをどのように発展させていきたいのか…そのことを常に考え続けてきました。
でも、これまで抱いてきた願望は、どうやら自分の身の丈に合っていないものだったのかもしれません。
私が客ならば、どういう場所に足しげく通うか…と考えていくならば、神聖な空間として秘密にしておきたい“隠れ家”というイメージが最もしっくりくるのです。

やっぱり望ましいのは、隠れ家サロンということなのだなぁ。。。
この住まいに移るときに、「我欲を持つと成功しない。霊的な存在にすべてを委ねるならば成功する」という内なるガイダンスがあったことを思い出しました。

この前、初めてサロンを訪れてくださったお客様から、有り難いお言葉をいただきました。
「ここは、日常とは時間の流れが違いますね」
特別な空間だと思っていただけるのは、私にとって最高の評価です。
それなので、この状況を維持しながら、planet*plantを心地良いと思ってくださるお客様を招き入れる場所にしていきたいと思います(できれば、なるべく多くの人がいいんだけれど…やっぱ我欲ですかね119.png)。

[PR]
by planet_plant | 2017-05-06 18:36 | about planet*plant | Trackback | Comments(0)

講座受講&対面セッションのご予約について

planet*plantの営業日は、火・水・木、そして土曜日を基本としています。
そのうち、土曜日を講座日とし、開講スケジュールをmain WEBやblogでご案内しています。

なかには「土曜日は都合が悪い」という方もいらっしゃるでしょう。
その場合は、火〜木の日程で、希望の講座をご予約いただくことができます。
お客様より受講希望をいただくことで、火〜木に講座を開催しているのですね(決定時にはFacebookでご案内していますので、既にご存じかと思いますが…)

季節の節目に合わせての開催となる「ケルトのお茶会」や、外部から講師をお招きする講座は“その日のみの限定講座”ですので、別日にご予約いただくことはできません。
でも、それ以外であれば、ご希望日に開講することが可能です。

大変ありがたいことに、高速バスや新幹線、飛行機などを乗り継いで、遠方からお越しくださるお客様もいらっしゃいます(海外からお問い合わせをいただいたことも!)。
こちらで定めた講座日程に合わせて上京してくださる方や、お客様ご自身の上京日程に合わせて希望講座をアレンジしてお申し込みいただく場合もあります。
すべてのご希望に応えられるわけではありませんが、可能な限りご要望に沿う形で提案いたしますので、お気軽にお問い合わせくださいね(私が出向く形での出張講座も承っております!)。


ここからは…裏技(笑)
[PR]
by planet_plant | 2017-05-04 15:49 | about planet*plant | Trackback | Comments(0)

Contact

個人セッションと講座を提供しながら、
お一人おひとりのspiritual journey
(スピリチュアルな旅)とserendipity(幸せを発見する感性)、sense of wonder(奇跡を感受する能力)をサポートしています。


【main WEB】
planet*plant

【申し込み&問い合わせ】
mail form

検索

カテゴリ

about planet*plant
information
free myself
case study
field work
report
voice

タグ

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

最新のコメント

Yukaさま。 健康だ..
by planet_plant at 20:08
ははは、 全く同じタイ..
by Yuka at 12:41
いくらさん、ありがとうご..
by planet_plant at 22:52

Widget

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

スピリチュアル
スクール・セミナー