【mainWEB】planetplant.client.jp別棟


by joker

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

夢で排毒

少しだけカレンダーを遡りますが、ベルテーンの始まりとともに飲み始めたのは、チェリー・プラムのエッセンス。
1ヶ月をかけて、このチェリー・プラムと取り組んでいました。

e0190756_17042225.jpgチェリー・プラム
(Cherry Plum)
学名:Prunus cerasifefa
和名:ミロバランスモモ
バラ科サクラ属

心が緊張しすぎて怯えている時に。分別を失ってしまいそうな恐怖。とてもひどい、恐ろしいことをしてしまう恐怖—良くないことだとわかっていて、したいわけでもないのに、心に恐ろしい考えが浮かんで、衝動的にしてしまいそうな恐怖—に。
エドワード・バッチ著「12ヒーラーズとその他のレメディー」(BABジャパン『エドワード・バッチ著作集』より)

チェリー・プラムは、破壊的な衝動や狂気的な感覚など、自分自身をコントロールできなくなる恐怖心に対応するエッセンスです。
「心に恐ろしい考えが浮かんで、衝動的にしてしまいそうな」と書かれていると、かえって恐怖心があおられてしまいそうですよね。
でも、私はセルフケアにこのエッセンスが必要と知って(やっぱりそうですか…148.png)と納得していました。
当時の私は、緊張によるストレス下におり、精神面では内圧が高まって破裂しそうな感覚にいたのです。
だから、チェリー・プラムでこの苦痛から解放される…と思い、正直ホッとしたところもあります103.png

チェリー・プラムの効果は飲み始めの初日から現れました。とりとめのない夢のオンパレードだったのです!
それも概して苦しくしんどい、エグイ内容ばかり122.png

人通りの多い交差点で男がマシンガンをぶっ放し、打たれた子どもたちが次々と倒れていく夢。
食事で提供されたのはお皿に乗ったゴキブリ。食べることを強要されて苦しむ夢。
きょうだいの運転する車に同乗しているが、暴走運転でガードレールを突き破り、崖へと落ちる夢。
ムカデや毛虫などがうようよいる不衛生な床で尻もちをついてしまい、お尻についた虫が肛門めがけて襲ってくるという夢。

夢の内容は覚えていませんが、悪夢で飛び起きたこともありました。
とにかく、後味のわるい夢ばかりが続いたのです。

メヒトヒルト・シェファーさんの著書『バッチの花療法』(フレグランスジャーナル社)には、このような記述があります。

チェリープラムは、夜尿症の子どもの治療に効くことが証明されています。夜尿症の子どもは、日中は自制心が強く働いているので不安感を内面に抱えるようになり、意識的に身体をコントロールできない睡眠中に排尿することで、その緊張をといているのです。

私の場合も夜尿症の子どもと同じ反応です105.png
日中は理性が働いているため、自己を解放する手段がない。
睡眠中は理性のコントロールが外れるから、夢(それも悪夢)を通して苦痛を吐き出しているのだろう…と理解しました。
そして、夢の内容が変わることで、状態の変化がわかるはず…と変化の指針にしたのです。

9日目の朝。夢に変化が表れました。




***
私は知人のモニターリーディングを受けることになりました。
最初に、マス目状にたくさんのキーワードが書かれた紙を手渡されます。
次に回答として手渡された紙には、同様のマス目状に、花の写真とキーワードが並列されていました。
私の目に留まったのは、「温故知新」というキーワードとともに、オレンジ色のチューリップの写真があるマス目。
それと、「三位一体」というキーワードが書かれた黄色の…たぶんスイートピーの写真。
***
夢から目覚めて、花の色とキーワードを忘れないようにそらんじているときに、ふと(この色の組み合わせを、オーラソーマのボトルで探してみよう!)と思ったのです。
そうして、ネットで探し当てたのが、B004のサンライトボトルでした。
「精神が原因の恐怖症に有効です」と書いてある。
すごい!チェリー・プラムと一致するではあ〜りませんか146.png
解説には「比喩的に言えば、これこそ回復期や神経衰弱などの消耗する冬の季節を過ごした後で必死に求める日の光です」という一文もあります。
チェリー・プラムの張り詰めた状態から脱しつつあることが表れているなぁ…と感心したのでした。

でも、この夢を見たからといって、すぐに好転したわけではありません。
9日目に見た夢はひとつの兆しではあったものの、その後もしばらくの間は悪夢を見続けました。
この頃、夢を見なくなったなぁ。
そういや、破裂しそうなほどパンパンに張り詰めていた気持ちが、穏やかになってる。
…そう気づいたのは、飲み終わる数日前のことだったのですね。

e0190756_18531298.jpg
初めて英国のバッチセンターを訪れたとき、ちょうどチェリー・プラムが満開だったことを思い出します。
白い花と黒い枝とのコントラストが陰と陽の調和を示しつつ、突き出した雄しべからはエネルギーの放射が感じられました。
チェリー・プラムの「必死に求める日の光」は、外側に求めるものではありません。
暗い冬を耐え忍び、春の到来を告げるかのように自らの光を解き放つチェリー・プラムと同様、悪夢のトンネルを通り抜けた先にあるのは、浄化されて歓喜に満ちた生命力の噴出なのでしょう。

[PR]
by planet_plant | 2017-06-07 19:46 | free myself | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://felab.exblog.jp/tb/25830812
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

Contact

個人セッションと講座を提供しながら、
お一人おひとりのspiritual journey
(スピリチュアルな旅)とserendipity(幸せを発見する感性)、sense of wonder(奇跡を感受する能力)をサポートしています。


【main WEB】
planet*plant

【申し込み&問い合わせ】
mail form

検索

カテゴリ

Celtic Wisdom
Flower Essence
Astrology
Special Events
about planet*plant
information
free myself
case study
field work
report
voice

タグ

以前の記事

2019年 12月
2018年 10月
2018年 09月
more...

最新のコメント

Yukaさま。 健康だ..
by planet_plant at 20:08
ははは、 全く同じタイ..
by Yuka at 12:41
いくらさん、ありがとうご..
by planet_plant at 22:52

Widget

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

スピリチュアル
スクール・セミナー