【mainWEB】planetplant.client.jp別棟


by joker

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

美しき世界

先日の「樹木のヒーリング」で、聖母病院のシベリア杉に癒されたことを書きましたが、聖母病院を訪れた本当の目的は別にあって。
敷地内にある大聖堂で行われた、クリスマスのアカペラライブに出かけたのです。
「とても立派な大聖堂なので、マイクは使わず大聖堂の響きだけで歌おうと思います!」というご案内をいただいた瞬間に、静謐な空間に漂う響きや余韻が想像できてしまって、すぐに「行きます!」と即答するほど楽しみだったライブ。
クリスマスにちなんだ曲が次々と披露され、アカペラならではの微細なハーモニーに大聖堂が包まれて、全身の細胞が打ち震えるかのような歓喜の感覚を覚えました。
それも、個人的にはシベリア杉のヒーリングを終えた直後ですもの、温かな心の中にロウソクの光が灯ったかのようにも感じられたのです。

また、会場となった大聖堂の前には、「ルルドの庭」と呼ばれる空間がありました。
小さな池の奥に、聖母マリアの像がひっそりと佇んでいるのです。
ちょうど私が訪れたときには、傾き始めた太陽の光がスポットライトのように、マリア様を照らし続けていました。
e0190756_15495519.jpg
それだけではありません。
大聖堂の裏手に回り、階段を昇っていった先には「フランシスコの庭」があったのです。
e0190756_15493927.jpg病棟の窓から一望できるであろうフランシスコの庭は、西日が降り注ぐ光に満ちた空間になっていました。
ここに来てこんな形でフランチェスコと対面するとは予想していなかったのでビックリ。
そして、かつて見て感銘を受けた映画「ブラザー・サン シスター・ムーン」を思い出しました。

大聖堂に漂う雰囲気、ルルドのマリア、アッシジのフランチェスコ。
クリスチャンではないけれど、私が惹かれ・大切にしたいと思っている最も清らかで美しいものの本質が、これらの中に凝縮されていると感じたのです。
「私たち、前世では修道院で暮らしていたよね」
一緒にいた友人と、そんなふうに語り合いました。

アカペラライブを終えた後に向かったのは、この日のために予約していた場所。
弟さんが料理を作り、お姉さんがサーブをしてくださる、完全予約制のレストランです。

アンティークの椅子やテーブルが配置されたシンプルな室内は、先ほどまで味わっていた空気感の延長のよう。
次々と出てくるコースメニューを、お酒と一緒に味わいました。
作り手の優しさと、食材に向き合う丁寧な姿勢が込められた料理は、とがらずいばらず、人を驚かすこともなく、心にも身体にも染み入るホッとする味(槇村さとる作『おいしい関係』の百恵ちゃんの作る料理を思い出しました…笑)。

そして、一日の出来事を振り返ってみて、私が願い求めている生き方の原点は、ここにある…ということを改めて認識したのです。
静かで穏やかで、清らかで美しくて、そしてしなやかな強さを秘めている。
とがらずいばらず人を驚かすこともなく、淡々とそのような生き方であり続けることを、私は望んでいるのだ…と痛切に思いました。

私にとって、最も大切にしたいもの。表現していきたい世界。
そのことを再確認できた、夢のような一日でした。

[PR]
by planet_plant | 2016-12-28 17:02 | free myself

Contact

自然と調和して、自然のリズムに合わせて、自然体で暮らすための自然療法とライフスタイルを提案。
植物のエネルギーを用いて心身を整える「Personal Session」と、植物や精霊、惑星とのつながりを深める「Lecture」を提供します。


【main WEB】
planet*plant

検索

カテゴリ

Celtic Wisdom
Flower Essence
Astrology
Special Events
about planet*plant
information
free myself
case study
field work
report
voice

タグ

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

Widget

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

スピリチュアル
スクール・セミナー