【mainWEB】planetplant.client.jp別棟


by joker

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

真夏の夜のミステリー

先行してTwitterに投稿したので、目にした方も多いはず。

この新月から飲み始めるエッセンスを選んだら、随分前に買った未使用ボトルが導かれました。
外装のフィルムを外し、スポイトでエッセンスを吸い上げようとしたら…なぜか出てこない。
不思議に思ってボトルを透かしたら、あるはずの液体は存在せず空っぽだったのです!(@_@;;;


未開封のエッセンスボトルを開けてみたら、随分と中身が少なくなっていたりすること、ありませんか?
「エッセンスをボトルに詰める過程で、量が少なかったのかも」と思うかもしれませんね。
あるいは、長期保管のうちに、中にある液体が徐々に蒸発して減ってしまったんだ…と考えて納得する場合も少なくないはずです(たぶん、蒸発したという理解が正しいのでしょう)。

フラワーエッセンスを用いると、ときどき不思議&うっかりなことが起こります。
たとえば、服用ボトルを作ったのに紛失したり、ボトルを倒して中身をこぼしてしまったり、手を滑らせてボトルを割ってしまったり。
メヒトヒルト・シェファーさんの著書『バッチの花療法』の中には、ボトルを紛失するのは「その時点で薬剤の効果が最大限に働いた証拠です。ひとつのサイクルが終わりまで来たということです」と書かれています。
つまり「なくなる」のは、そのエッセンスのお役目が終わったということを意味しているのですね。
また、ボトルを割ってしまう(エッセンスをこぼす)のは、その空間自体がエッセンスを必要としていたからだ…と考える場合もあります(ネガティブな気が残っているため、癒しが必要な場所だった…というふうに)。
都合の良い解釈かもしれませんが(^_^; そうやって事象を見ていくことで、自分自身やエッセンスへの理解が深まることも多いのですね。



飲むつもりで開けたら空だった今回のボトルは、アラスカのフラワーエッセンス「ラムズ クォーターズ/Lamb's Quarters」でした。

「頭とハートとのつながり」。
頭で考えることが強く、そのため頭とハートのエネルギーの流れが滞っている状態を解消します。
頭でっかちといわれるすべての人のためのものです。

「大自然からの贈り物」ネイチャーワールド株式会社発行カタログより

この解説を読んで、ガックリと肩を落としました。
(直接飲むのとは違う形で、このエッセンスを頻繁に使っていたに違いない。だから使い切って既に空っぽになってたんだ〜)と思えたからです。
開けたら量が少なかったことはよくあります。でも、開けたら中身が空っぽだったことは初めて。
どんだけ、このエッセンスを別次元で使っていたんじゃい!(>_<;;;と、自分に突っ込みました(笑)。

でも、ボトルの中身が「なくなる」のは、メヒトヒルトさんの解説によるならば「エッセンスの効果が最大限に働いた証拠」。
頭でっかちだった思考と感情のアンバランスさが、解消されつつあるのかもしれませんね。

空っぽのボトルをよく確認したら、底にほんのわずかだけエッセンスが残っていました。
それなので、ボトルを逆さまにして出てきた1滴のエッセンスから、今回の服用ボトルを作成。
今は「頭とハートのつながり」に向けて、最後の仕上げに取り組んでいます。
[PR]
by planet_plant | 2016-08-10 09:31 | case study

Contact

自然と調和して、自然のリズムに合わせて、自然体で暮らすための自然療法とライフスタイルを提案。
植物のエネルギーを用いて心身を整える「Personal Session」と、植物や精霊、惑星とのつながりを深める「Lecture」を提供します。


【main WEB】
planet*plant

検索

カテゴリ

Celtic Wisdom
Flower Essence
Astrology
Special Events
about planet*plant
information
free myself
case study
field work
report
voice

タグ

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

Widget

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

スピリチュアル
スクール・セミナー