【mainWEB】planetplant.client.jp別棟


by joker

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

流れに身を委ねて5(終わり)

審査が通って新居へと引っ越しする前に、ひとつだけクリアしなければならない問題がありました。
実は、入居審査を待つ間に、気学に詳しい友人に引っ越しの方位を見てもらっていたのです。
鑑定の結果は…本命殺という大凶方。病気やケガなど健康上の凶災を招くために、引っ越してはいけない方位なのだとか。

凶方位と知らされたことで(なるほど、やっぱりな…)と腑に落ちたところはありました。
だって「我欲を持つと成功しない」という部屋ですもの、現世利益とは縁遠いのですから、人としての出世や成功を望んで占ったときに悪い結果が出るのは当然です。
個人的には、方位の良し悪し以上に神様からの強い流れが来ているのを実感していましたから、凶方位と言われてもそれほど気にはなりませんでした。
でも、方位を調べてくれた友人は、私以上に心配してくれたのです。
引っ越す意思が固いと知ると「どうしてもそこに引っ越すというのであれば、専門家に相談して、きちんと対処したほうがいい」と、真剣にアドバイスをしてくれました。

彼女が本当に心配してくれているのが、その後もひしひしと伝わってくるうちに、次第に私も不安になってきました(まさしくレッド・チェストナット状態ですね)。
変な不安を抱えて引っ越しするよりも、スッキリしてからのほうがよいな…と思えてきたので、彼女のアドバイスに従い、編集者時代によくお世話になっていた占術研究家のマギー先生のもとを訪ねることにしたのです。

久しぶりの再会に盛り上がったのがひとしきり落ち着いた頃、マギー先生はズバリと言い当ててくださいました。
「引っ越し相談と伺っていろいろ見ていたのだけれど、すでにその場所に引っ越すと決めているみたいだし、どうして今日はいらしたのかしら?」
そうなんです!もう引っ越す意思は固まっているのです!
そこで私は、凶方位の引っ越しと知って友人がひどく心配をしていること、神様に導かれてご縁をいただいた土地なので、私自身はそれほど心配していないのだが、もし厄難を防ぐ方法があるのだとしたら、それを知りたいのだということをお伝えしました。

マギー先生のお話によると、凶方位への引っ越しについては、距離が影響してくるとのこと。
私のように直線距離で5キロの引っ越しは、凶方位の影響を強くは受けないので「あまり心配しなくてよい」とのアドバイスでした。
「それよりも、神奈川に住んでいるのだから、相模の国一宮の寒川神社にご挨拶してくるといいですよ。あの神社は方位除けもなさっていますから」

寒川神社ですか。。。
確か寒川神社にお参りに行った友人が「レイラインに当たるパワースポット」とblogか何かで言っていたような。。。ふとそんなことをぼんやり思い出すと、がぜん寒川神社に興味がわいてきました。
厳密には私の住んでいるところ、そして新居に当たる場所も、相模の国ではなくて武蔵の国なのですが…まあ、神奈川県というくくりで考えたら、相模の国のほうが広い訳ですし、神奈川の水源は相模川水系ですから、いただいているお水は確実に相模の国ですものね。
方位除けよりも、寒川神社とのご縁結びのほうにより興味を抱いた私は、アドバイス通りにお参りに行くことにしました。



私の星回りから、お参りに行くのにふさわしい日時をマギー先生にアドバイスしていただいたところ、指定されたのは「午の日の、午の刻」。
午の刻と言えば、誰もがご存じの「正午」です。太陽のエネルギーが最も強い時間帯を指定されるあたり、天照大神の守護を感じますよね。また“日の光の子”という名前にも通じるので(なるほど、ふさわしい時間帯に違いない!)と納得しました(それに引っ越し先は、漢字が異なりますけれど“ウマ”という名を持つ地名なのです)。

そして、引っ越しの荷造りに追われる最中、寒川神社に出かけました。
寒川神社の社務所を訪れて、まずは移転方位除けの祈祷を申し込み。同じ時間帯に申し込んだ人たちと一緒に、団体でのご祈祷となりました。
方位除けだけでなく、商売繁盛や良縁祈願、病気の快癒祈願など、いろんな方たちの願いが一緒に読み上げられていきます。私も、新居での生活をお護りくださるよう、お願いしました。

ご祈祷が終わった後は、本殿裏にある神嶽山神苑へ。ご祈祷を受けた者だけに渡される入苑券があり、ご神域の中を散策できるのです。
神苑の中には休憩ができるお茶屋や、寒川神社と陰陽五行、天文や暦の歴史や系譜を展示した資料館などがあり、非常に興味深く拝見しました。
平日の昼時ということもあり、神苑の中は私ひとりの貸し切り状態。心ゆくまで寒川神社のご神域を味わってきました。

e0190756_16224196.jpg
神嶽山神苑のパンフレットを見て初めて知ったのですが、寒川とは「清い泉の湧く所」の意味であり、寒川の神は「水を司る神」とも言われているとか。
そしてネットでいろいろと調べてみると、神嶽山神苑内にある「難波の小池」と言われる湧水は、古来から霊験豊かな神池として崇められてきたそうです(難波の小池は、撮影禁止の聖域とされていました。写真は庭の池のものです)。
寒川神社のそもそもの起源は、この豊かな湧水を神聖視して祭祀の対象としたことにあるようです。今でこそ御祭神は寒川比古命と寒川比女命とされていますが、古くは湧水の神、水の神様だったのですね。
当日は“寒川”の名にふさわしく肌寒い天気で、後に雨が降り出したところあたり、まさしく水とのご縁を感じさせるお参りとなりました。
こうして、フィオーレの森の聖泉から新居へのご縁ができた水の流れは、寒川神社にもつながっていったのです。

今回、誕生日を迎えるタイミングで今の自分に必要なフラワーエッセンスを選んだところ「ロック・ウォーター」が導かれました。また、直前に引いたオラクルカードは「RIVER」。…つまり「川のように流れに委ねよ」というメッセージなのですが、この一連の出来事を見ていくと、まさしく今の私は“水”がテーマになっているようです。
“水”が象徴するもの、例えば感情であったり、潜在意識であったり、霊的な世界であったり…に、より意識を向けていく必要があるのでしょうね。

引っ越しにまつわるストーリーを、時間をかけて書いてきましたが、最後に行き着いた水の流れは、バッチ博士の記述を思い出させてくれました。

(レメディー=フラワーエッセンスを作る)過程で、
自然界の四大元素が作用していることに注意してください。
それは、植物に滋養を与える「大地」、
植物を育む「空気」、
植物が自らの力を分け与えられるように働く「太陽」あるいは「火」、
そして、植物の力を集めて、その有益な磁気治療力に満たされる
「水」です。

『エドワード・バッチ著作集』(谷口みよ子訳/BABジャパン刊)より抜粋

折しも、海王星が魚座に入り、宇宙的にも水気づいてますよね(笑)。
自分自身のエッセンスを生きる上で、水に意識を向けるというのは、やはり今とても重要なタイミングなのだと感じています。
[PR]
by planet_plant | 2012-10-20 16:54 | free myself | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://felab.exblog.jp/tb/18952217
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

Contact

個人セッションと講座を提供しながら、
お一人おひとりのspiritual journey
(スピリチュアルな旅)とserendipity(幸せを発見する感性)、sense of wonder(奇跡を感受する能力)をサポートしています。


【main WEB】
planet*plant

【申し込み&問い合わせ】
mail form

検索

カテゴリ

Celtic Wisdom
Flower Essence
Astrology
Special Events
about planet*plant
information
free myself
case study
field work
report
voice

タグ

以前の記事

2019年 12月
2018年 10月
2018年 09月
more...

最新のコメント

Yukaさま。 健康だ..
by planet_plant at 20:08
ははは、 全く同じタイ..
by Yuka at 12:41
いくらさん、ありがとうご..
by planet_plant at 22:52

Widget

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

スピリチュアル
スクール・セミナー