フラワーエッセンスの研究室


by planet*plant

プロフィールを見る

タグ:Herb ( 3 ) タグの人気記事

悪あがきからの前進

土星が天秤座に完全入宮するタイミングで飲み始めたのは、アラスカの鉱物エッセンス(ジェムエリクサー)、ルビー。

ルビー(Ruby)
グラウンディングに大変良いエッセンスです。第1チャクラに関係。グラウンディングを強化することにより、スピリチュアルなエネルギーが体内に摂り込まれるように。
(ネイチャーワールド株式会社/商品カタログ『大自然からの贈り物』より)

前回のエッセンスの気づきが私にとってはとても重要だったので、その気づきを現実に定着させるためのエッセンスかしら?と、そんな風に受け止めました。

今回は、このルビーのエッセンスを、ローズゼラニウム(Pelargonium asperum)のハーブウォーターに入れて飲む…というのが、導かれたレシピです。さっそくハーブウォーターを入手して服用ボトルを作り飲み始めたのですが、これが今までにないくらいキツい。。。
何がどうキツいのか、うまく表現ができないのですが、私の中の何かが抵抗しているという感じなのです。エッセンスを飲もうとしてお茶や水に垂らした時点ですでに、ローズゼラニウムの香りに抵抗を感じてしまいます。
フラワーエッセンスとのおつき合いは10年以上になるのですが、ここまで抵抗を感じたのは初めてかも。期間を飲み進めるうちに徐々に抵抗は和らいでいったのですが、このような反応が出たのは非常に興味深い体験でした。

フラワーエッセンス(ネイチャーエッセンス)とハーブウォーターを組み合わせると、それぞれの持つエネルギーが共鳴し合って相乗効果をもたらします。
ローズゼラニウムのハーブウォーターは、抗感染・抗炎症作用に優れています。その香りには、精神を高揚させて緊張や不安、憂鬱やふさいだ気分などアンバランスな感情を整える働きがあります。また、フラワーエッセンスとしての側面で見ると、計画を実行に移す強さと意欲が必要な場合に、必要な活力と明晰さを与えるとか。これらの要素が、ルビーのエッセンスのエネルギーと共鳴し合って、私の中に溶け込んでいったのです。
一方、ルビーのエッセンスには、英文資料によると「高次の非個人的な愛に目覚める」という働きもあるようです。そうすると、自我や個人を超えた領域での自己実現へと歩みを進めていくためのブレンドということになるのかしらん?
いずれにしても、最初はじたばたと抵抗しながらも、徐々に受け入れてなじんでいきました。

このエッセンスが、どのような変化をもたらしたのかは正直なところわからないのですが、このエッセンスを飲む前と飲んだ後とでは明確な差が出たものがあります。
この2ヵ月の間、ずっと悶々と思い悩むことがあって、エネルギーをチェックしても答えが見出せなかったのです。答えがブレたり、今は答えを出すべき時期ではないと示されたりして、なんとなくスッキリしないまま過ごしていたのですが、エッセンスを飲み終えたタイミングでエネルギーチェックをしてみたら、驚くほど明確に答えが出てきました。
それはまるで、止まっていた時間が再び動き出すような感じ。お通じが良くなってスッキリする感じに似ています(^_^;

今にして思えば、この2ヵ月は思いばかりが先行して、身体や魂が思いのスピードについていけていなかったのかもしれません。心と身体、魂がちょっとずつずれてしまった状態を調整するために、このエッセンスブレンドに取り組んでいたのでしょう。
そして、この調整はなお続いています。今は新しいエッセンスに取り組んでいるのですが、今回のエッセンスは明らかに心身の統合を促すもの。飲み終わったら、この体験をまたレポートしたいと思います。
[PR]
by planet_plant | 2010-08-25 10:24 | free myself | Trackback | Comments(0)

求めよ、さらば与えられん。

光が満ちる夏至の日のタイミングに合わせて、自分自身のエッセンスを選ぶことに。そうすると今回は、インボルグ期に選んだエッセンスが再び導かれました。

グリーンランド・アイスキャップ(Greenland Icecap)
アイスランド氷原で、太陽エネルギーが差し込む氷河の氷から作られました。その場所は、2つの大陸プレートがぶつかるところで、このエッセンスは強力な「変化」のエネルギーを有します。このエッセンスは私たちが内面で深い脱皮(トランスフォーム)を経験しているときに、柔軟に変化を受け入れ、また自分が支えられているという感覚が持てるよう、助けてくれます。
(ネイチャーワールド株式会社/商品カタログ『大自然からの贈り物』より)

このアラスカの環境エッセンスを、エキナセア(Echinacea purpurea)のハーブウォーターに加えるというのが、今回のレシピ。
エキナセアというと、私は風邪を引いたときにチンキ剤を用いますが、免疫系に働きかけるハーブとして知られています。また、フラワーエッセンスとしても、FESなどで取り扱いがあります。どうやら、大きな挑戦時に自己意識を統合する働きがあるようです。
大きな挑戦時というのは、何だか上記のグリーンランド・アイスキャップのエッセンスに通じますね。恐らくエキナセアのハーブウォーターは、肉体レベルの免疫系というアプローチから、変化変容を支えるという役割があるのでしょう。

このテーマボトルを飲み終えて
[PR]
by planet_plant | 2010-08-03 10:02 | free myself | Trackback | Comments(2)

ルーナサのエッセンス

ケルトの夏の祭りの日、8月1日から飲み始めているのは、3種類のフラワーエッセンスをハーブウォーターに加えたスペシャルボトルです。
●ホーンビーム
●ワイルドオート
●ファイブフラワー
●ラベンダー(Lavandula angustifolia:ハーブウォーター)

このブレンドは、7月頭のプラクティショナー研究会(FEW)で作ったボトルなのですが、8月1日のルーナサ(ルグナサッド)祭(Lughnasadh)の時期から飲み始めるためにずっと温めていました。
フラワーエッセンスは、用いるタイミングも重要です。そういった意味では、ケルト暦の節目である8月1日から飲み始めるのは、私にとって必要なタイミングだったのかもしれません。

通常、フラワーエッセンスのドースボトル(飲用ボトル)を作る際は、保存用のブランデーと水を加えた中に、フラワーエッセンスを適量落として作ります。しかし今回は、ハーブウォーターにフラワーエッセンスを加えたドースボトルを作りました。
このブレンドボトルを、私は朝晩の2回、ハーブティーやミネラルウォーター、時にはビール(!)に加えて飲んでいます。ほんのりラベンダーの香りが立ち上ってきておいしいです(^_^)

フラワーエッセンスとハーブウォーターを組み合わせると相乗効果がある…ということを知ったのは、ちょうど1年前。いつか機会があったら試してみたいと思っていましたが、その効果をハッキリと実感したのは、2月にお手伝いさせていただいた「ハーブ&エッセンス」セミナーでのことでした。
アグリモニーのハーブティーを試飲する際に、エッセンスを加える前と後とでどのように味が変わるかを比較したのです。最初にハーブティーを一口、次にアグリモニーのフラワーエッセンスを1滴加えたものを一口。その違いは歴然でした。美味しいけれども少し角があるように感じられた味が、すっかり丸みを帯びてまろやかになっているのです!
この体験をしてからというもの、必要に応じて上手にエッセンスとハーブを組み合わせていきたいなと思いました。

今回のボトルは、自分自身の取り組みをはっきりと打ち出すタイミングで飲み始めたことからも、今後の方向性を示し導くための組み合わせであることがわかります。リラックスを誘うラベンダーウォーターをベースに選んだのは、「無理せず、ゆっくり落ち着いて」ということを教えられているのだろうな…などと感じています。

今回はホーンビーム(Hornbeam)を取り上げます
[PR]
by planet_plant | 2009-09-02 10:16 | free myself | Trackback | Comments(2)

Contact

目的に応じた
植物の雫を提案する
「個人セッション」と
植物や精霊、惑星との
つながりを深める
「講座」を提供。
3つの“S”
(spiritual journey
;serendipity;
sense of wonder)
をサポートします。


【main WEB】
planet*plant

【申し込み&問い合わせ】
mail form

検索

カテゴリ

about planet*plant
information
free myself
case study
field work
report
voice

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

最新のコメント

Yukaさま。 健康だ..
by planet_plant at 20:08
ははは、 全く同じタイ..
by Yuka at 12:41
いくらさん、ありがとうご..
by planet_plant at 22:52

twitter

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

スピリチュアル
スクール・セミナー