フラワーエッセンスの研究室


by planet*plant

プロフィールを見る

タグ:7helpers ( 16 ) タグの人気記事

7ヘルパーズは、タイプレメディーの反作用!?

「7ヘルパーズ(7人の助け手)の中で、自分のタイプと思えるエッセンスは何?」
フラワーエッセンス仲間から、こんな質問を唐突に投げかけられました。

う〜ん、、、何だろう。。。
これまで用いてきたエッセンスを思い浮かべながら絞り出したのが、この答え。
「私の場合は…ヴァインかなぁ」

私には、他者に対して意図せず高圧的に接したり、支配しようとしたりする振る舞いを見せるときがある。
そのことに気づき、自分のネガティブな部分を認められるようになったのは、今から3年前のことでした。
GWに開催された国際フラワーエッセンスコンファレンスでの、ジュリアンの講演に思うところがあったからなのです。
「自分の中にあるヴァインの要素を、ようやく受け入れられるようになったの」と、その友人に語りました。
「で、何でそんなことを聞くわけ?」と素朴な疑問。

「実はね…」と、友人が語り始めた内容は、自分本来の生まれ持った気質(タイプレメディー/12ヒーラーズ=12人の癒し手)を探るのに、とてもよいヒントになるものでした。



後天的な性格は、先天的気質を覆う殻
[PR]
by planet_plant | 2017-04-22 15:59 | case study | Trackback | Comments(0)

夢の処方箋

年の瀬が押し迫った頃に、こんな夢を見ていました。


ワークショップに参加している私は、フラワーエッセンスを選んでいます。
でも、38種のエッセンス(40本のフルセット)を納めている箱の中には、ボトルが数本しか入っていませんでした。
限られた選択肢でドースボトルを作成してみたものの、いまいちしっくりせず。

困っている様子を見かねた講師が、私が正しく選べない原因をズバリと指摘してくれました。
「晃子さん、あなたが力を発揮できないのは、家のカルマが原因」

その言葉を聞いたうえで、もう一度38種の中からエッセンスを選び直したら、チコリーとヴァインが導かれました。


夢から目覚めたときに、直感で(この組み合わせは実家の母親に必要なものだ)と思いました。
どうやら、私が実力=自分らしさを発揮できないのは、家の問題に起因している…ということを、夢で告げられたようです。
念のため自分で飲む必要性をチェックしましたが、やはりこの組み合わせは母に宛てたブレンド。

ちょうど、年末年始で帰省する予定を組んでいます。
それならば…と、チコリーとヴァインの組み合わせでドースボトルを作り、母に届けることにしました。


チコリー(Chicory)とヴァイン(Vine)
[PR]
by planet_plant | 2017-01-11 10:10 | case study | Trackback | Comments(0)

可能性を引き出す

講座でドースボトルを作られたお客様から、このようなメールをいただきました。

エッセンスを飲み始めたら、頭が冴えてしまって、今までの私ではない感じがします。
やる気がでて(大丈夫か?私!?)みたいな感じ(笑)
バッチフラワーオラクルカードが届いたので、理由を尋ねたら「オーク」でした。
もう一度よくカードを切って引き直したのですが、やっぱり「オーク」でした。
この意味は何でしょう?


e0190756_16153360.jpg
オーク(Oak)
学名:Quercus robur
和名:ヨーロッパナラ
ブナ科コナラ属

病気を治すために、あるいは日常生活の中で必死になって奮闘している人に。
希望がないように見える時も努力し続け、戦うのをやめません。病気のせいで自分の役目が果たせなかったり、他の人の力になれないと、自分に腹を立てます。
大きな困難に立ち向かい、希望を失わず努力し続ける、勇敢な人です。

エドワード・バッチ著「12ヒーラーズとその他のレメディー」(BABジャパン『エドワード・バッチ著作集』より)

オークが意味するところにおいて、通常は「限界を越えて頑張ろうとする状態」と見ていきます。
そのため、頑張り過ぎからくる慢性疲労時に、自分自身の限界を知り、無理しないようにセーブすることを教えられるケースが多いようです。

でも、この方の場合は、エッセンスを用いることによって今までにない活力を感じていらっしゃる。
そして、その理由をオラクルカードに尋ねたところ「オーク」が導かれたというのです(ちなみに、飲んでいるエッセンスは「オーク」ではありません)。
その意味は…頑張り過ぎる状態への警鐘ではありませんよね。
オークの樹木が持つ忍耐力やバイタリティー、そして懐の深さなど、ポジティブな状態を表している…と、私は考えました。

オークの樹木は、動植物にとっては格好の“ねぐら”。
鳥やネズミなどが巣穴を作るだけでなく、たくさんの昆虫や苔などの植物が樹皮や葉っぱにその居場所を作っています。
“来る者拒まず”で、多くの生物を受け入れているのですね。
その包容力は「守られている」という絶対的な安心感を私たちに与えてくれます(私、かつて「バッチ博士のオーク」に逢ったときに号泣しそうになりましたもの…)。
お問い合わせをいただいたお客様の場合、オラクルカードが意味するのは、このようなオークの長所が備わっているということなのでしょう。
また、オークの守護の下にあれば、ちょっとやそっとではへこたれない、多少の無理さえもできる状態のはず。
それだからこそ内側から湧き上がる、やる気を押しとどめることなく、積極的に発揮してほしいなと思いました。

[PR]
by planet_plant | 2016-12-08 17:36 | case study | Trackback | Comments(0)

愛情に飢えた子ども

6月のレッド・チェストナット期間を終えて、7月の新月明けから飲み始めたのは、ヘザーのエッセンス。
ただ、このエッセンス選定で、信じられない思い込みをしていました。

e0190756_13333419.jpgエッセンス選びにフラワーカードを使ったのですが、花の色のイメージで、なぜか「ヴァーベイン」だと決め付けてしまったのです。
そして、何の疑いもなくヴァーベインで服用ボトルを作り、飲み始めることに。
しかし、エッセンスの名前を手帳に記したところで、ふと疑問がわき上がりました。
(あれっ、写真で見た花ってヴァーベインじゃなかったような…)
改めてカードを見直して、自分が選んだ1枚をじっくり見てみたら、ヴァーベインじゃなくてヘザーだった!とようやく気づいたわけです(^_^;

何でこんな勘違いをしてしまったのだろう…と、いろいろ考えてみました。
ちょうどそのとき、「フラワーエッセンスを生きる」講座の修了に向けた提出課題のレポートに目を通していました。
そこに書かれていたヴァーベインの印象が強く残っていたからかな。。。
あるいは、ヘザーが出たことを認めたくなくて、無意識にすり替えてしまったのかな。。。
選んだエッセンスの種類を間違えるだなんて初めての経験ですが、たぶん無意識のすり替えが原因なのではないかなぁ…と思っています(^_^;

ヘザー(Heather)
[PR]
by planet_plant | 2016-09-08 10:02 | free myself | Trackback | Comments(0)

この素晴らしき世界

今回のお話は、1月のエッセンス研究会で取り上げたテーマ、「ヘザー」です。
ヘザーのエッセンスは、ホワード(旧姓:上野)七歩子さんが『フラワーエッセンス ヒーリング』で述べられていましたが、どちらかというと人気のないエッセンスの部類に入るようです。

e0190756_1732074.jpgヘザー(Heather)
学名:Callune vulgaris
和名:ヒース
ツツジ科カルーナ属

親しくつき合える人をいつも捜している人に。相手が誰であろうと関係なく、自分の関心事を話し合う必要のある人です。わずかの間でも、一人でいなければならないと、とてもみじめに感じます。
エドワード・バッチ著「12ヒーラーズとその他のレメディー」(BABジャパン『エドワード・バッチ著作集』より)

私がヘザーについて考えるとき、一番最初に思い浮かぶのが、ジュリアンの著書『Dr.バッチのヒーリングハーブス』の前書きです。
ここにはヘザーのエッセンスを作った体験が綴られているのですが、私はこの記述に深い感銘を受けました。私がフラワーエッセンスを作りたいと思い始めたのは、この記述を読んだからと言っても過言ではないと思います。
作り手にとっても忘れられない体験だったのでしょう。その後に書き記した『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』にも、ヘザーの項に同じ記述が掲載されています。

詳細は上記の本を読んでいただくとして、ここで概要を紹介しますね。
「その日の朝は非常に美しく、空は鮮やかに青く、ヘザーは明るく輝くような紫がかったピンク色をしていました」という記述から始まり、エッセンスを作っている場所の、のどかな風景が説明されていきます。
フラワーエッセンス生成の課程において、人間がすることは何もありません。することは、その場所に腰を下ろし、眼下に馬や羊を眺め、鳥の鳴き声を聞き、温かい日差しの中で座って待つだけ。ただそれだけですが「その場所に身を置く喜びは静かですが、とても強烈でした」と綴っています。

ヘザーのエッセンスができるまでの間、彼はスピリットの存在を感じ、この世界が精氣に満ちあふれているのを実感していました。また、自分もそのスピリットの一人であり、すべてがつながってこの世界ができている、と確信したのです。
「自分はもうその土地のよそ者ではなく、分離し孤立しているのでもなく、全てと1つなのだと感じたのです」
「この全体(ユニティ)の一部であるなら、もう孤独になることはありません」
ヘザーは「合一(ユニフィケーション)のためのレメディーだ」と、ジュリアンは記しています。

私が自然の中に身を置いたときに、たとえ独りでいたとしても「独りではない」と強く感じる瞬間があります。
そんなときはたいてい視界に入る木々や草花、動物や昆虫などから生命の息吹を受けるだけでなく、太陽が降り注ぐ光や、頬をなでる風からも「愛されている」という実感が得られ、豊かで満ち足りた気分になれるのですね。
この感覚は、ジュリアンのヘザー体験に近いものだと思えます。それだからこそ、ヘザーのエッセンスは、私からしてみれば「人気がなく敬遠されるエッセンス!?なんてもったいない!」と言いたくなってしまうのです(笑)。

渇望衝動が鎮まると、世界は違って見えてくる
[PR]
by planet_plant | 2015-04-27 09:31 | case study | Trackback | Comments(0)

“支配”という名の鍵

ジュリアンの講演についてのお話を、あとひとつだけ。

冒頭でジュリアンは、バッチのフラワーエッセンス38種類の国別人気ランキングを紹介してくれました。
そのランキングは、ヒーリングハーブ社のblogで確認することができます。

講演でジュリアンが教えてくれた、この2年での日本での売上ランキングは
1位がオリーブ
2位がクラブアップル
3位がスターオブベツレヘム
4位がミムラス
5位がウォールナット …とのことでした。

ヒーリングハーブ社のblogでは、日本と英国、ドイツ、ブラジルのランキングが紹介されているのですが、どの国でもランキング上位にあるのが「ウォールナット」。
その事実を知ると、個人的なレベルで変わり目を迎えているというよりも、時代的な、地球規模での変容を象徴しているようにも思えてきます。

そして、当然のことながら、人気ランキングの裏には、売れないランキングもあるわけで。
どの国でも圧倒的に売れないエッセンスは、一貫してヴァインであることが明かされました。
(あぁ、なるほどねぇ…)と思わず頷いてしまいましたが。

ヴァイン(Vine)
[PR]
by planet_plant | 2014-06-08 00:18 | report | Trackback | Comments(0)

その先へ

オークのエッセンス期間を終えて次に選んだエッセンスは、ワイルド・オート。引き続き、バッチのエッセンスが続きます。

e0190756_10323558.jpgワイルド・オート(Wild Oat)
学名/Bromus ramosus
和名/スズメノチャヒキ
イネ科スズメノチャヒキ属

人生で何か秀でたことをしたいと大きな望みを抱く人に。人生での経験を豊かに重ね、できる限り楽しみ、精一杯取り組みたいと思っている人です。
彼らにとって難しいのは、どんな職業に就くべきかを決めることです。やる気はとてもあるのに、心に一番訴えかけてくる強い衝動を感じ取れずにいます。

エドワード・バッチ著「12ヒーラーズとその他のレメディー」(BABジャパン『エドワード・バッチ著作集』より)

ワイルド・オートは、7ヘルパーズの中でオールマイティーなエッセンスです。バッチ博士も著書で次のように記しています。

このレメディーは、おそらく誰にでも必要なレメディーでしょう。他のレメディーで効果の現れない場合や、どれを与えるか決めかねる場合に、少なくとも1週間、このレメディーを試してください。
患者がうまく回復すれば、改善している限り処方を続け、その後、他のレメディーに切り替えてください。

エドワード・バッチ著「12ヒーラーズと7ヘルパーズ」(BABジャパン『エドワード・バッチ著作集』より)

なるほど、バッチ博士の教えからすると、前回のオークが無自覚なまま終わってしまったので、(他のレメディーで効果の現れない場合)の延長線としてワイルド・オートが導かれたというふうに見ることもできそうです。
でもこの解釈は、実際にバッチ博士の記述を見て気づいたことであって、選定した当初はまったく別な意味にとらえていました。

人生の方向指示器
[PR]
by planet_plant | 2010-07-01 14:30 | free myself | Trackback | Comments(0)

ベルテーン期のエッセンス

2月のインボルグの時期に選んだエッセンスは、飲用期間から判断すると、「グリーンランド・アイスキャップ」がタスマニア旅の準備用、「ウォーター」はタスマニアの旅を終えて日常生活に戻ってくるまでのサポート用になっていたように思います。
これらのエッセンスを飲み終えて、夏の始まりを祝うケルトの節季ベルテーン(ベルティネ/Beltane)のタイミングに合わせて次のテーマとなるエッセンスを選んでみました。
すると今回は、久しぶりにバッチのエッセンスが導かれたのです。

オーク(Oak)
[PR]
by planet_plant | 2010-06-14 10:35 | free myself | Trackback | Comments(0)

妖精が呼んでいる

長年おつき合いいただいているクライアントさんから、遠隔リーディングのご依頼を受けました。
何でも立て続けに3回、フェアリーカードの『Flower Power』を引いたのだとか。その出来事がきっかけで「これはもしかしたらエッセンスが必要なのかも…」と思ったそうです。

ところが遠隔リーディングをしてみても、一向にフラワーエッセンスが導かれないのです。そこで仕方なく「リーディングからは、特定のテーマに絞らないとエッセンスが出ないようです」と、メールでお伝えすることにしました。
するとクライアントさんからすぐにお返事がきました。ここ数日中も相変わらず『Flower Power』のカードが出続けているというのです!

ここまで頻発して同じカードが出るというのは、よほど強いメッセージが示されているに違いありません。ひょっとしたら、私が介入してフラワーエッセンスを選ぶのではなく、クライアントさんが自分でエッセンスを選ぶために、妖精の促しが来ているのではないか? だから今回は、エッセンスが導かれなかったのでは…?
ふとそんな気がしたので「フラワーカードを使って、ご自身でエッセンスを選んでみるとよいと思いますよ」と、メールで返信しました。

今の自分に必要なフラワーエッセンスを選ぶには、いくつもの方法があります。
それぞれのフラワーエッセンスが対応する心理状態を読んで、当てはまるものを選ぶのは、自己分析をしながら左脳的に選んでいく方法と言えるでしょう。38種類の中から適したものを“人間側から”選んでいくのです。
これとはまったく逆のアプローチとして、人間が植物に呼ばれる場合もあります。植物のイメージがふっとわいてきたり、植物の写真から気になるものをピックアップしたり。右脳的な感性を働かせることで“植物側から”放たれているサインをキャッチするのです。
今回のクライアントさんは『Flower Power』というカードを何度も引き続けていました。これは明らかに、妖精からの促しに違いありません。妖精が媒介になって、クライアントさんにとって必要なエッセンスが導かれようとしているのです。

数日後、クライアントさんからメールが届きました。38種類の植物の写真を見ながら選んだというエッセンスは『ヘザー』でした。

ヘザー(Heather)
[PR]
by planet_plant | 2009-09-14 10:34 | case study | Trackback | Comments(0)

ある樹木の終焉

先日届いたニュースレターで、バッチ博士のオークが、昨年の9月に切り倒されてしまった…ということを知りました。
昨年の春に訪れたときには、すでに痛々しい姿になっていたのですが、裂けて倒れてしまった幹を剥き出しにしながら、それでも諦めることなく新しい葉を芽吹かせようとしている様子は、まさにオークのエッセンスが意味する不屈の精神の体現でもあったのです。

ついに、あのオークが力尽きてしまったのだろうか?と、ニュースレターを目にしたときは、そう思いました。でも、どうやら違うらしいのです。
ニュースレターを読み進めていくと、オークの木の下が、お酒やドラッグに溺れる若者たちのたまり場になっていたために、地元の人々が切り倒してしまったとのこと。

確かに、オークの木の根元には人が10人くらい入れる大きな穴がありました。昨年訪れて穴に入ったときも、穴の内部の樹肌は燃えて炭化していたうえに、明らかに人が残していったと思われるゴミが散乱していたのです。

私達はゴミを拾い、穴の内部を整えてから、みんなで輪になって座り、瞑想をしました。瞑想というよりは、木に祈りを捧げたと言ったほうがいいのかもしれません。

e0190756_14521611.jpg穴の中から撮った1枚の写真は、光が降り注がれるさまが映っていて、まるで聖なる空間にいるかのようでした。
だからこそ、この空間が人の手によって乱され、オークの木が「風紀を乱す」という理由であまりにも簡単に伐採されてしまったことに、とても悲しみを覚えるのです。

昨年の春の時点で、オークの木がまもなくその命を終えるだろう…という感覚を抱いたのは確かでした。そして、自らの命が終わるという運命を、オークが認めて受け入れているかのように感じられたのです。

切り倒されたオークは、その後どうなったのでしょうか?
加工されて、家の柱や家具などに生まれ変わっていたら。そして、オークが本来望んでいるであろう、愛や幸せに満ちた空間を支える役割を担っていたらいいのですが。

最近、神社や公園や街路樹にひっそりと佇む樹木が気になって仕方ありません。
樹木は、人間の寿命よりもはるかに長く生きることができるのです。だからこそ、彼らは私達人間をどのように見ているのか、今の世界をどのように考えているのかを、尋ねることができたらいいのになぁ…なんて思ったりしています。
[PR]
by planet_plant | 2007-03-21 11:15 | field work | Trackback | Comments(0)

Contact

目的に応じた
植物の雫を提案する
「個人セッション」と
植物や精霊、惑星との
つながりを深める
「講座」を提供。
3つの“S”
(spiritual journey
;serendipity;
sense of wonder)
をサポートします。


【main WEB】
planet*plant

【申し込み&問い合わせ】
mail form

検索

カテゴリ

about planet*plant
information
free myself
case study
field work
report
voice

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

最新のコメント

Yukaさま。 健康だ..
by planet_plant at 20:08
ははは、 全く同じタイ..
by Yuka at 12:41
いくらさん、ありがとうご..
by planet_plant at 22:52

twitter

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

スピリチュアル
スクール・セミナー