フラワーエッセンスの研究室


by planet*plant

プロフィールを見る

はじめてのplanet*plant

blogに新しいカテゴリー「about planet*plant」を作りました016.gif

「フラワーエッセンス」のキーワード検索で、偶然このblogやmain WEBを目にしてくださる方もいらっしゃると思います。
そこで、興味を抱いてくださった方への導入として、planet*plantを知っていただくための投稿をまとめようかな、と思い立ちました。
このカテゴリーに基づいた記事を新たに投稿するのはもちろん、これまでに投稿した中からもご紹介していくつもりです。

planet*plantが、どんな想いを抱いているか。どんなことを大切にしているのか。
根っこの部分を知っていただけるようなカテゴリーにしていきますね。

一番最初にご紹介するのは…2013年1月22日に投稿した、この内容です。
今も、ペンネーム(ハンドルネーム)として使い続ける「joker」の由来について綴っています。



[PR]
# by planet_plant | 2017-01-17 13:55 | about planet*plant | Trackback | Comments(0)

夢の処方箋

年の瀬が押し迫った頃に、こんな夢を見ていました。


ワークショップに参加している私は、フラワーエッセンスを選んでいます。
でも、38種のエッセンス(40本のフルセット)を納めている箱の中には、ボトルが数本しか入っていませんでした。
限られた選択肢でドースボトルを作成してみたものの、いまいちしっくりせず。

困っている様子を見かねた講師が、私が正しく選べない原因をズバリと指摘してくれました。
「晃子さん、あなたが力を発揮できないのは、家のカルマが原因」

その言葉を聞いたうえで、もう一度38種の中からエッセンスを選び直したら、チコリーとヴァインが導かれました。


夢から目覚めたときに、直感で(この組み合わせは実家の母親に必要なものだ)と思いました。
どうやら、私が実力=自分らしさを発揮できないのは、家の問題に起因している…ということを、夢で告げられたようです。
念のため自分で飲む必要性をチェックしましたが、やはりこの組み合わせは母に宛てたブレンド。

ちょうど、年末年始で帰省する予定を組んでいます。
それならば…と、チコリーとヴァインの組み合わせでドースボトルを作り、母に届けることにしました。


チコリー(Chicory)とヴァイン(Vine)
[PR]
# by planet_plant | 2017-01-11 10:10 | case study | Trackback | Comments(0)

2月の予定

e0190756_10494900.jpg
新年明けましておめでとうございます。
planet*plantは、5日が仕事始めとなります。

写真は、グラストンベリーのトアに続くラビリンスの入口。
二つに裂けながら、天を仰ぐかのように枝葉を伸ばしている樹はホーソンです。
このゲートとの出逢いについては、以前に綴っていましたね。
今年の年賀状には、このゲートの中央に「一歩、その先へ。」という言葉を配しました。
植物やケルトの世界へ、より深く分け入るということ。
さらには、人生あるいは魂の道を先に進むということ。
…そんな想いを込めています。

「planet*plantらしさ=自分らしさ」を自問自答しながら、今年一年もしっかり精進していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、本日より2月のConsultation & Lectureの予約受付を開始いたします。
2月に予定しているイベントは、次のとおりです。


2月の予定
[PR]
# by planet_plant | 2017-01-05 15:36 | information | Trackback | Comments(0)

美しき世界

先日の「樹木のヒーリング」で、聖母病院のシベリア杉に癒されたことを書きましたが、聖母病院を訪れた本当の目的は別にあって。
敷地内にある大聖堂で行われた、クリスマスのアカペラライブに出かけたのです。
「とても立派な大聖堂なので、マイクは使わず大聖堂の響きだけで歌おうと思います!」というご案内をいただいた瞬間に、静謐な空間に漂う響きや余韻が想像できてしまって、すぐに「行きます!」と即答するほど楽しみだったライブ。
クリスマスにちなんだ曲が次々と披露され、アカペラならではの微細なハーモニーに大聖堂が包まれて、全身の細胞が打ち震えるかのような歓喜の感覚を覚えました。
それも、個人的にはシベリア杉のヒーリングを終えた直後ですもの、温かな心の中にロウソクの光が灯ったかのようにも感じられたのです。

また、会場となった大聖堂の前には、「ルルドの庭」と呼ばれる空間がありました。
小さな池の奥に、聖母マリアの像がひっそりと佇んでいるのです。
ちょうど私が訪れたときには、傾き始めた太陽の光がスポットライトのように、マリア様を照らし続けていました。
e0190756_15495519.jpg
それだけではありません。
大聖堂の裏手に回り、階段を昇っていった先には「フランシスコの庭」があったのです。
e0190756_15493927.jpg病棟の窓から一望できるであろうフランシスコの庭は、西日が降り注ぐ光に満ちた空間になっていました。
ここに来てこんな形でフランチェスコと対面するとは予想していなかったのでビックリ。
そして、かつて見て感銘を受けた映画「ブラザー・サン シスター・ムーン」を思い出しました。

大聖堂に漂う雰囲気、ルルドのマリア、アッシジのフランチェスコ。
クリスチャンではないけれど、私が惹かれ・大切にしたいと思っている最も清らかで美しいものの本質が、これらの中に凝縮されていると感じたのです。
「私たち、前世では修道院で暮らしていたよね」
一緒にいた友人と、そんなふうに語り合いました。

アカペラライブを終えた後に向かったのは、この日のために予約していた場所。
弟さんが料理を作り、お姉さんがサーブをしてくださる、完全予約制のレストランです。

アンティークの椅子やテーブルが配置されたシンプルな室内は、先ほどまで味わっていた空気感の延長のよう。
次々と出てくるコースメニューを、お酒と一緒に味わいました。
作り手の優しさと、食材に向き合う丁寧な姿勢が込められた料理は、とがらずいばらず、人を驚かすこともなく、心にも身体にも染み入るホッとする味(槇村さとる作『おいしい関係』の百恵ちゃんの作る料理を思い出しました…笑)。

そして、一日の出来事を振り返ってみて、私が願い求めている生き方の原点は、ここにある…ということを改めて認識したのです。
静かで穏やかで、清らかで美しくて、そしてしなやかな強さを秘めている。
とがらずいばらず人を驚かすこともなく、淡々とそのような生き方であり続けることを、私は望んでいるのだ…と痛切に思いました。

私にとって、最も大切にしたいもの。表現していきたい世界。
そのことを再確認できた、夢のような一日でした。

[PR]
# by planet_plant | 2016-12-28 17:02 | free myself | Trackback | Comments(0)

樹木のヒーリング

ちょうど秋分を過ぎた頃から、女性の月のサイクルが滞り始めました。
これまでもストレスや冷え、磁場の影響でリズムが狂うことがあったので、しばらく様子を見よう…と判断。
「女性のための冬じたく」と名づけた今月のハーブブレンドで改善の兆しが見えていたのですが、気になったのでセルフチェックをしてみたのです。必要ならば病院に行かないといけないなぁ…と思って。
そうしたら、意外な結果が導き出されました。

「樹木に逢いに行ってください」

樹木?…って、どこの樹木?
私は、自分で思い当たる樹木を片っ端からチェックしました。
家の前にそびえたつケヤキ?
いつも自転車で走り抜ける、ツインのケヤキ?それとも神社のご神木?
近くのイチョウ並木?

思い付く限りの樹木を候補に挙げましたが、そのどれもが「違う」という答え。
…ということは、これからその樹木に出逢うということなのかな。
ちょうど数日後に、都内に出かける予定を入れていたことを思い出して確認すると、「その日に出逢える」ということがわかりました。

そして迎えた当日。
まるで運命の人に逢いに行くかのような気分で少し早めに家を出て、都内のとある場所へと向かいました。
初めて行く場所なので、地図を頼りに最寄り駅から坂を上っていくのですが、樹木はおろか草花が生える地面すら見当たりません。
こんな場所で、本当に樹木と出逢うことができるの?
疑問を覚えながら目的地に到着したところで、圧倒的な存在感に立ちすくんでしまいました。
樹木が突然、目の前に現れたのです。
それは、聖母病院のシンボルツリー・シベリア杉でした。
e0190756_15510423.jpg
シベリア杉に近づくにつれて、とても温かなエネルギーを感じました。
その日の気温は低く、木陰ではよりいっそう寒く感じるはずが、樹木を目の前にして立つと温もりを覚えるのです。
(この樹木に呼ばれていたんだ)と思わずにはいられませんでした。

残念ながら、植え込みの関係で樹木に触れることはできず。
シベリア杉に背を向けてコンクリート垣に腰を下ろし、待ち合わせている友人が到着するまで、樹木のエネルギーに包まれた状態で20分くらい過ごしました。

「樹木からメッセージを受け取る」というイメージがあったのですが、何も言葉が下りてくるようなことはなくて。
ただただ、ヒマラヤ杉が発する温かなエネルギーを受け取り続けました。
例えるならば…樹木のコンセントにプラグを差し込んでエネルギーを充電しているような感じでしょうか(^_^;
確実に(満たされていく)という実感があったのですよね。

驚くことにその日以来、滞っていた血のめぐりが格段に良くなったのです。
シベリア杉のヒーリング、私には効果てきめんでした。

[PR]
# by planet_plant | 2016-12-22 10:26 | free myself | Trackback | Comments(0)

Contact

目的に応じた
植物の雫を提案する
「個人セッション」と
植物や精霊、惑星との
つながりを深める
「講座」を提供。
3つの“S”
(spiritual journey
;serendipity;
sense of wonder)
をサポートします。


【main WEB】
planet*plant

【申し込み&問い合わせ】
mail form

検索

カテゴリ

about planet*plant
information
free myself
case study
field work
report
voice

タグ

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

最新のコメント

Yukaさま。 健康だ..
by planet_plant at 20:08
ははは、 全く同じタイ..
by Yuka at 12:41
いくらさん、ありがとうご..
by planet_plant at 22:52

twitter

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

スピリチュアル
スクール・セミナー