フラワーエッセンスの研究室


by planet*plant

プロフィールを見る

樹木のヒーリング

ちょうど秋分を過ぎた頃から、女性の月のサイクルが滞り始めました。
これまでもストレスや冷え、磁場の影響でリズムが狂うことがあったので、しばらく様子を見よう…と判断。
「女性のための冬じたく」と名づけた今月のハーブブレンドで改善の兆しが見えていたのですが、気になったのでセルフチェックをしてみたのです。必要ならば病院に行かないといけないなぁ…と思って。
そうしたら、意外な結果が導き出されました。

「樹木に逢いに行ってください」

樹木?…って、どこの樹木?
私は、自分で思い当たる樹木を片っ端からチェックしました。
家の前にそびえたつケヤキ?
いつも自転車で走り抜ける、ツインのケヤキ?それとも神社のご神木?
近くのイチョウ並木?

思い付く限りの樹木を候補に挙げましたが、そのどれもが「違う」という答え。
…ということは、これからその樹木に出逢うということなのかな。
ちょうど数日後に、都内に出かける予定を入れていたことを思い出して確認すると、「その日に出逢える」ということがわかりました。

そして迎えた当日。
まるで運命の人に逢いに行くかのような気分で少し早めに家を出て、都内のとある場所へと向かいました。
初めて行く場所なので、地図を頼りに最寄り駅から坂を上っていくのですが、樹木はおろか草花が生える地面すら見当たりません。
こんな場所で、本当に樹木と出逢うことができるの?
疑問を覚えながら目的地に到着したところで、圧倒的な存在感に立ちすくんでしまいました。
樹木が突然、目の前に現れたのです。
それは、聖母病院のシンボルツリー・シベリア杉でした。
e0190756_15510423.jpg
シベリア杉に近づくにつれて、とても温かなエネルギーを感じました。
その日の気温は低く、木陰ではよりいっそう寒く感じるはずが、樹木を目の前にして立つと温もりを覚えるのです。
(この樹木に呼ばれていたんだ)と思わずにはいられませんでした。

残念ながら、植え込みの関係で樹木に触れることはできず。
シベリア杉に背を向けてコンクリート垣に腰を下ろし、待ち合わせている友人が到着するまで、樹木のエネルギーに包まれた状態で20分くらい過ごしました。

「樹木からメッセージを受け取る」というイメージがあったのですが、何も言葉が下りてくるようなことはなくて。
ただただ、ヒマラヤ杉が発する温かなエネルギーを受け取り続けました。
例えるならば…樹木のコンセントにプラグを差し込んでエネルギーを充電しているような感じでしょうか(^_^;
確実に(満たされていく)という実感があったのですよね。

驚くことにその日以来、滞っていた血のめぐりが格段に良くなったのです。
シベリア杉のヒーリング、私には効果てきめんでした。

[PR]
# by planet_plant | 2016-12-22 10:26 | free myself | Trackback | Comments(0)

可能性を引き出す

講座でドースボトルを作られたお客様から、このようなメールをいただきました。

エッセンスを飲み始めたら、頭が冴えてしまって、今までの私ではない感じがします。
やる気がでて(大丈夫か?私!?)みたいな感じ(笑)
バッチフラワーオラクルカードが届いたので、理由を尋ねたら「オーク」でした。
もう一度よくカードを切って引き直したのですが、やっぱり「オーク」でした。
この意味は何でしょう?


e0190756_16153360.jpg
オーク(Oak)
学名:Quercus robur
和名:ヨーロッパナラ
ブナ科コナラ属

病気を治すために、あるいは日常生活の中で必死になって奮闘している人に。
希望がないように見える時も努力し続け、戦うのをやめません。病気のせいで自分の役目が果たせなかったり、他の人の力になれないと、自分に腹を立てます。
大きな困難に立ち向かい、希望を失わず努力し続ける、勇敢な人です。

エドワード・バッチ著「12ヒーラーズとその他のレメディー」(BABジャパン『エドワード・バッチ著作集』より)

オークが意味するところにおいて、通常は「限界を越えて頑張ろうとする状態」と見ていきます。
そのため、頑張り過ぎからくる慢性疲労時に、自分自身の限界を知り、無理しないようにセーブすることを教えられるケースが多いようです。

でも、この方の場合は、エッセンスを用いることによって今までにない活力を感じていらっしゃる。
そして、その理由をオラクルカードに尋ねたところ「オーク」が導かれたというのです(ちなみに、飲んでいるエッセンスは「オーク」ではありません)。
その意味は…頑張り過ぎる状態への警鐘ではありませんよね。
オークの樹木が持つ忍耐力やバイタリティー、そして懐の深さなど、ポジティブな状態を表している…と、私は考えました。

オークの樹木は、動植物にとっては格好の“ねぐら”。
鳥やネズミなどが巣穴を作るだけでなく、たくさんの昆虫や苔などの植物が樹皮や葉っぱにその居場所を作っています。
“来る者拒まず”で、多くの生物を受け入れているのですね。
その包容力は「守られている」という絶対的な安心感を私たちに与えてくれます(私、かつて「バッチ博士のオーク」に逢ったときに号泣しそうになりましたもの…)。
お問い合わせをいただいたお客様の場合、オラクルカードが意味するのは、このようなオークの長所が備わっているということなのでしょう。
また、オークの守護の下にあれば、ちょっとやそっとではへこたれない、多少の無理さえもできる状態のはず。
それだからこそ内側から湧き上がる、やる気を押しとどめることなく、積極的に発揮してほしいなと思いました。

[PR]
# by planet_plant | 2016-12-08 17:36 | case study | Trackback | Comments(0)

1月の予定

12月1日より、1月のConsultation & Lectureの予約受付を開始いたします。

planet*plantのお客様はすでにご存じですが、planet*plantでは、どなたでもご参加いただける講座のほかに、参加制限を設けている「会員制」講座、さらには会員様のご要望に応じて(さらには、私の気紛れで…笑)開催する「裏メニュー」というものが存在しています(^_^;
すでにFacebookページでご案内いたしましたが、先月の11月16日に響探求会にてお話をさせていただいた「星とフラワーレメディ」を、新たに裏メニューとして加えることにしました。それに伴い、お申し込みフォームにも、新たに「裏メニュー」という項目を作っています。
公に紹介すること自体「“裏”じゃないだろっ!」って突っ込みが入りそうですが(汗)、ご興味のある方は気軽にお問い合わせくださいね(main Webのカレンダーで講座予定=青印を確認すると、裏メニューの講座名やスケジュールがわかります)。

それでは、1月に予定しているイベントは、次のとおりです。


1月の予定
[PR]
# by planet_plant | 2016-12-01 16:33 | information | Trackback | Comments(0)

12月の予定

サウィン明けの11月1日はケルトの新年!
明けましておめでとうございます(^_^)
1日より、12月のConsultation&Lectureの予約受付を開始いたします。

その前に、11月のSpecial Eventsのご案内をいたします。
昨年「響探求会」にて、「星とフラワーレメディー」というお題でお話しさせていただきました。
今回も昨年の続きとして、星のお話を響探求会でいたします。
詳細につきましては、響探求会までお問い合わせください。
日 時●11月16日(水)19時〜21時
申込・問合せ●響探求会事務局

それでは、12月に予定しているイベントは、次のとおりです。


12月の予定
[PR]
# by planet_plant | 2016-11-30 23:59 | information | Trackback | Comments(0)

想い出の樹木:ツバキ編

e0190756_15122125.jpg
時々不意に襲われてダウンする、厄介な偏頭痛。
その歴史を振り返るとき、いつも椿との想い出にたどり着きます。
それは、私が樹木に初めて語りかけた記憶とつながっています。

ただ…それがいつだったのか、正確に思い出すことができません。
私の中では「中学2年の頃に木登りをしたとき」だと記憶しているのですが、よくよく考えてみると(中2にもなって、庭木に登るか!?)という疑問が湧いてきて(^_^;
庭で、木登りをして遊んでいた…という記憶に基づくならば、おそらく小学校高学年くらいの出来事なのかと思われます。

庭に植えられた椿は、当時の私にとって格好の遊び場でした。
とはいえ、それほど大きな木ではありませんから、登るといってもせいぜい2メートルくらいの高さまでが限度。
登るたびに細い枝がしなるので、父親からはよく「木に登るな」とたしなめられていました。

ある日、いつものように木登りをするなどして庭でひと遊びした後に、頭痛を覚えたのです。
ズキンズキンと脈打つような痛みをこめかみに感じながら、私の脳裏には孫悟空が頭につけている輪っか(緊箍児:きんこじ)のイメージが思い浮かびました。

これは…きっと、椿が木登りをする私に腹を立てて、頭を締めつけているに違いない。
子ども心にそう思った私は、頭痛で床に伏せながら必死に祈りました。

「椿さん、痛めつけてごめんなさい。もう絶対に木登りをしませんから、許してください」

その願いが通じたのかどうかはわかりません。
翌日、頭痛が治っていることがわかった私は、それ以来、椿の木に登らなくなりました。
(その代わり、庭石や石塀によじ登ることを覚えました。残念ながら、おてんばな性格は直らなかったようです…笑)

「椿に怒られた」と思い込んだ子どもの私。
自分の頭には、孫悟空のように目に見えない緊箍児がついていて、悪い行いをするとお仕置きとして頭が締めつけられるのだ…と結論づけたのです。
それだからこそ、今でも偏頭痛に見舞われると、見えない存在に向かって「ごめんなさい、許してください」と謝り続けていたりします(^_^;

[PR]
# by planet_plant | 2016-11-08 17:08 | free myself | Trackback | Comments(0)

Contact

目的に応じた
植物の雫を提案する
「個人セッション」と
植物や精霊、惑星との
つながりを深める
「講座」を提供。
3つの“S”
(spiritual journey
;serendipity;
sense of wonder)
をサポートします。


【main WEB】
planet*plant

【申し込み&問い合わせ】
mail form

検索

カテゴリ

about planet*plant
information
free myself
case study
field work
report
voice

タグ

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

最新のコメント

Yukaさま。 健康だ..
by planet_plant at 20:08
ははは、 全く同じタイ..
by Yuka at 12:41
いくらさん、ありがとうご..
by planet_plant at 22:52

twitter

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

スピリチュアル
スクール・セミナー