フラワーエッセンスの研究室


by planet*plant

プロフィールを見る

カテゴリ:free myself( 66 )

夢で排毒

少しだけカレンダーを遡りますが、ベルテーンの始まりとともに飲み始めたのは、チェリー・プラムのエッセンス。
1ヶ月をかけて、このチェリー・プラムと取り組んでいました。

e0190756_17042225.jpgチェリー・プラム
(Cherry Plum)
学名:Prunus cerasifefa
和名:ミロバランスモモ
バラ科サクラ属

心が緊張しすぎて怯えている時に。分別を失ってしまいそうな恐怖。とてもひどい、恐ろしいことをしてしまう恐怖—良くないことだとわかっていて、したいわけでもないのに、心に恐ろしい考えが浮かんで、衝動的にしてしまいそうな恐怖—に。
エドワード・バッチ著「12ヒーラーズとその他のレメディー」(BABジャパン『エドワード・バッチ著作集』より)

チェリー・プラムは、破壊的な衝動や狂気的な感覚など、自分自身をコントロールできなくなる恐怖心に対応するエッセンスです。
「心に恐ろしい考えが浮かんで、衝動的にしてしまいそうな」と書かれていると、かえって恐怖心があおられてしまいそうですよね。
でも、私はセルフケアにこのエッセンスが必要と知って(やっぱりそうですか…148.png)と納得していました。
当時の私は、緊張によるストレス下におり、精神面では内圧が高まって破裂しそうな感覚にいたのです。
だから、チェリー・プラムでこの苦痛から解放される…と思い、正直ホッとしたところもあります103.png

チェリー・プラムの効果は飲み始めの初日から現れました。とりとめのない夢のオンパレードだったのです!
それも概して苦しくしんどい、エグイ内容ばかり122.png

人通りの多い交差点で男がマシンガンをぶっ放し、打たれた子どもたちが次々と倒れていく夢。
食事で提供されたのはお皿に乗ったゴキブリ。食べることを強要されて苦しむ夢。
きょうだいの運転する車に同乗しているが、暴走運転でガードレールを突き破り、崖へと落ちる夢。
ムカデや毛虫などがうようよいる不衛生な床で尻もちをついてしまい、お尻についた虫が肛門めがけて襲ってくるという夢。

夢の内容は覚えていませんが、悪夢で飛び起きたこともありました。
とにかく、後味のわるい夢ばかりが続いたのです。

メヒトヒルト・シェファーさんの著書『バッチの花療法』(フレグランスジャーナル社)には、このような記述があります。

チェリープラムは、夜尿症の子どもの治療に効くことが証明されています。夜尿症の子どもは、日中は自制心が強く働いているので不安感を内面に抱えるようになり、意識的に身体をコントロールできない睡眠中に排尿することで、その緊張をといているのです。

私の場合も夜尿症の子どもと同じ反応です105.png
日中は理性が働いているため、自己を解放する手段がない。
睡眠中は理性のコントロールが外れるから、夢(それも悪夢)を通して苦痛を吐き出しているのだろう…と理解しました。
そして、夢の内容が変わることで、状態の変化がわかるはず…と変化の指針にしたのです。

9日目の朝。夢に変化が表れました。


変化の兆し
[PR]
by planet_plant | 2017-06-07 19:46 | free myself | Trackback | Comments(0)

ラーチの遊びゴコロ

2月に入り、インボルグの夜から飲みはじめたのは、ラーチのエッセンス。
1月末に行った「ケルトのお茶会」で選んだエッセンスを、インボルグの節目から飲もうと考えて待機させていたのですね。
そうしたら、こんな夢を見ました。

両脚の膝から下の血管が皮膚表面に浮き上がってくるのです。
太い静脈から毛細血管に至るまで血の道筋が見えて、それはまるで落葉樹が葉を落とした冬の樹形のよう。
打ち身や切り傷などで出血したら大変…そんなふうに感じて、恐怖心を抱いていました。

ただ、夢のシンボルを調べてみると、脚は「人生を前進させる活気」を表すというし、血は「気力・体力を含めた生命エネルギー」なのですね。
そこから解釈すると「人生を前進させるための活力がみなぎっている状態」を示す、良いメッセージの夢ということになります。

人生を先に進めようとする一方で、私は恐怖心を覚えているのだなぁ…と、夢の印象を受け止めました。
私にはアクセルを踏みながらも、同時にブレーキを踏んでしまうところがある(内なる衝動のパターンとして)。
アクセルとブレーキ、ホントはどっちが踏みたいの?と、夢を見た朝に自問自答したときに、今のテーマエッセンスが「ラーチ」であることを思い出したのです。
そう、ブレーキから足を離し、100%でアクセルを踏み込むことができないのは、自分に自信がないから。
2016年1月30日付の投稿に書いていますが、私にとってラーチはとても親しみやすいエッセンスです。
傷ついても、痛みを伴っても、時に自信がゆらいでも、それでも光のあるほうへ。
そんなラーチに、私もなりたい。…そんなふうに思ってました006.gif


肩の力を抜きましょう♡
[PR]
by planet_plant | 2017-02-14 14:20 | free myself | Trackback | Comments(0)

美しき世界

先日の「樹木のヒーリング」で、聖母病院のシベリア杉に癒されたことを書きましたが、聖母病院を訪れた本当の目的は別にあって。
敷地内にある大聖堂で行われた、クリスマスのアカペラライブに出かけたのです。
「とても立派な大聖堂なので、マイクは使わず大聖堂の響きだけで歌おうと思います!」というご案内をいただいた瞬間に、静謐な空間に漂う響きや余韻が想像できてしまって、すぐに「行きます!」と即答するほど楽しみだったライブ。
クリスマスにちなんだ曲が次々と披露され、アカペラならではの微細なハーモニーに大聖堂が包まれて、全身の細胞が打ち震えるかのような歓喜の感覚を覚えました。
それも、個人的にはシベリア杉のヒーリングを終えた直後ですもの、温かな心の中にロウソクの光が灯ったかのようにも感じられたのです。

また、会場となった大聖堂の前には、「ルルドの庭」と呼ばれる空間がありました。
小さな池の奥に、聖母マリアの像がひっそりと佇んでいるのです。
ちょうど私が訪れたときには、傾き始めた太陽の光がスポットライトのように、マリア様を照らし続けていました。
e0190756_15495519.jpg
それだけではありません。
大聖堂の裏手に回り、階段を昇っていった先には「フランシスコの庭」があったのです。
e0190756_15493927.jpg病棟の窓から一望できるであろうフランシスコの庭は、西日が降り注ぐ光に満ちた空間になっていました。
ここに来てこんな形でフランチェスコと対面するとは予想していなかったのでビックリ。
そして、かつて見て感銘を受けた映画「ブラザー・サン シスター・ムーン」を思い出しました。

大聖堂に漂う雰囲気、ルルドのマリア、アッシジのフランチェスコ。
クリスチャンではないけれど、私が惹かれ・大切にしたいと思っている最も清らかで美しいものの本質が、これらの中に凝縮されていると感じたのです。
「私たち、前世では修道院で暮らしていたよね」
一緒にいた友人と、そんなふうに語り合いました。

アカペラライブを終えた後に向かったのは、この日のために予約していた場所。
弟さんが料理を作り、お姉さんがサーブをしてくださる、完全予約制のレストランです。

アンティークの椅子やテーブルが配置されたシンプルな室内は、先ほどまで味わっていた空気感の延長のよう。
次々と出てくるコースメニューを、お酒と一緒に味わいました。
作り手の優しさと、食材に向き合う丁寧な姿勢が込められた料理は、とがらずいばらず、人を驚かすこともなく、心にも身体にも染み入るホッとする味(槇村さとる作『おいしい関係』の百恵ちゃんの作る料理を思い出しました…笑)。

そして、一日の出来事を振り返ってみて、私が願い求めている生き方の原点は、ここにある…ということを改めて認識したのです。
静かで穏やかで、清らかで美しくて、そしてしなやかな強さを秘めている。
とがらずいばらず人を驚かすこともなく、淡々とそのような生き方であり続けることを、私は望んでいるのだ…と痛切に思いました。

私にとって、最も大切にしたいもの。表現していきたい世界。
そのことを再確認できた、夢のような一日でした。

[PR]
by planet_plant | 2016-12-28 17:02 | free myself | Trackback | Comments(0)

樹木のヒーリング

ちょうど秋分を過ぎた頃から、女性の月のサイクルが滞り始めました。
これまでもストレスや冷え、磁場の影響でリズムが狂うことがあったので、しばらく様子を見よう…と判断。
「女性のための冬じたく」と名づけた今月のハーブブレンドで改善の兆しが見えていたのですが、気になったのでセルフチェックをしてみたのです。必要ならば病院に行かないといけないなぁ…と思って。
そうしたら、意外な結果が導き出されました。

「樹木に逢いに行ってください」

樹木?…って、どこの樹木?
私は、自分で思い当たる樹木を片っ端からチェックしました。
家の前にそびえたつケヤキ?
いつも自転車で走り抜ける、ツインのケヤキ?それとも神社のご神木?
近くのイチョウ並木?

思い付く限りの樹木を候補に挙げましたが、そのどれもが「違う」という答え。
…ということは、これからその樹木に出逢うということなのかな。
ちょうど数日後に、都内に出かける予定を入れていたことを思い出して確認すると、「その日に出逢える」ということがわかりました。

そして迎えた当日。
まるで運命の人に逢いに行くかのような気分で少し早めに家を出て、都内のとある場所へと向かいました。
初めて行く場所なので、地図を頼りに最寄り駅から坂を上っていくのですが、樹木はおろか草花が生える地面すら見当たりません。
こんな場所で、本当に樹木と出逢うことができるの?
疑問を覚えながら目的地に到着したところで、圧倒的な存在感に立ちすくんでしまいました。
樹木が突然、目の前に現れたのです。
それは、聖母病院のシンボルツリー・シベリア杉でした。
e0190756_15510423.jpg
シベリア杉に近づくにつれて、とても温かなエネルギーを感じました。
その日の気温は低く、木陰ではよりいっそう寒く感じるはずが、樹木を目の前にして立つと温もりを覚えるのです。
(この樹木に呼ばれていたんだ)と思わずにはいられませんでした。

残念ながら、植え込みの関係で樹木に触れることはできず。
シベリア杉に背を向けてコンクリート垣に腰を下ろし、待ち合わせている友人が到着するまで、樹木のエネルギーに包まれた状態で20分くらい過ごしました。

「樹木からメッセージを受け取る」というイメージがあったのですが、何も言葉が下りてくるようなことはなくて。
ただただ、ヒマラヤ杉が発する温かなエネルギーを受け取り続けました。
例えるならば…樹木のコンセントにプラグを差し込んでエネルギーを充電しているような感じでしょうか(^_^;
確実に(満たされていく)という実感があったのですよね。

驚くことにその日以来、滞っていた血のめぐりが格段に良くなったのです。
シベリア杉のヒーリング、私には効果てきめんでした。

[PR]
by planet_plant | 2016-12-22 10:26 | free myself | Trackback | Comments(0)

想い出の樹木:ツバキ編

e0190756_15122125.jpg
時々不意に襲われてダウンする、厄介な偏頭痛。
その歴史を振り返るとき、いつも椿との想い出にたどり着きます。
それは、私が樹木に初めて語りかけた記憶とつながっています。

ただ…それがいつだったのか、正確に思い出すことができません。
私の中では「中学2年の頃に木登りをしたとき」だと記憶しているのですが、よくよく考えてみると(中2にもなって、庭木に登るか!?)という疑問が湧いてきて(^_^;
庭で、木登りをして遊んでいた…という記憶に基づくならば、おそらく小学校高学年くらいの出来事なのかと思われます。

庭に植えられた椿は、当時の私にとって格好の遊び場でした。
とはいえ、それほど大きな木ではありませんから、登るといってもせいぜい2メートルくらいの高さまでが限度。
登るたびに細い枝がしなるので、父親からはよく「木に登るな」とたしなめられていました。

ある日、いつものように木登りをするなどして庭でひと遊びした後に、頭痛を覚えたのです。
ズキンズキンと脈打つような痛みをこめかみに感じながら、私の脳裏には孫悟空が頭につけている輪っか(緊箍児:きんこじ)のイメージが思い浮かびました。

これは…きっと、椿が木登りをする私に腹を立てて、頭を締めつけているに違いない。
子ども心にそう思った私は、頭痛で床に伏せながら必死に祈りました。

「椿さん、痛めつけてごめんなさい。もう絶対に木登りをしませんから、許してください」

その願いが通じたのかどうかはわかりません。
翌日、頭痛が治っていることがわかった私は、それ以来、椿の木に登らなくなりました。
(その代わり、庭石や石塀によじ登ることを覚えました。残念ながら、おてんばな性格は直らなかったようです…笑)

「椿に怒られた」と思い込んだ子どもの私。
自分の頭には、孫悟空のように目に見えない緊箍児がついていて、悪い行いをするとお仕置きとして頭が締めつけられるのだ…と結論づけたのです。
それだからこそ、今でも偏頭痛に見舞われると、見えない存在に向かって「ごめんなさい、許してください」と謝り続けていたりします(^_^;

[PR]
by planet_plant | 2016-11-08 17:08 | free myself | Trackback | Comments(0)

想い出の樹木:ケヤキ編

幼い頃、家の敷地の境界に1本のケヤキがありました。
田んぼと用水路の間にそびえ立つ樹木は、控えめながらも我が家のシンボルツリーだったのですが、土地整備の波で切り倒されることに。
随分昔のことなのですが、記憶を引き出すと、その当時のケヤキの様子を思い浮かべることができます。

小学校への通学路には、私をおかっぱ頭にしてくれた床屋がありました。
そして、その床屋の横には、ケヤキの大樹が。
そのため、登下校時にはケヤキの足元を通り、夏休みにはケヤキ前が朝のラジオ体操の集合場所になっていました。
しかしある日、床屋から火の手が上がり、店舗は全焼。
その後間もなくして樹木は倒され、大きな切り株だけが残りました。

私が記憶をたどって思い出のある樹木を挙げるとき、この2本のケヤキがとても印象深く残ります。
そのせいなのでしょうか。ケヤキ並木を歩くとき、不思議と他の並木道では得られないような安心感に包まれるのです。

以前、フラワーエッセンス・プラクティショナー仲間から、素敵なお話を伺ったことがあります。
彼女は、自宅の近くにいる樹木(記憶があやふやですが…確かトチノキだったかな?)に、いつも声をかけていました。
そんな彼女が海外に出かけた先で同じ樹木を見かけたので、同じように挨拶をしたのだそうです。
そうしたら、その樹木は「話は伺ってますよ」と彼女に返事をしたのだとか。
自宅近くにいる顔なじみの樹木を通じて、彼女のことを知っていたのですね。
樹木間のネットワーク、侮れません。。。(笑)

それだからこそ、今の住まいの眼前にケヤキのシンボルツリーがあるのは、必然のように思えます。
自分でこの住まいを探したつもりでいるけれど、もしかしたらケヤキが私のことを呼び寄せたのかも。

たぶん、私のトーテム樹木はケヤキなのでしょう。
そう結論づけると、腑に落ちるものがあるのです。
e0190756_09541184.jpg

[PR]
by planet_plant | 2016-10-15 10:05 | free myself | Trackback | Comments(0)

愛情に飢えた子ども

6月のレッド・チェストナット期間を終えて、7月の新月明けから飲み始めたのは、ヘザーのエッセンス。
ただ、このエッセンス選定で、信じられない思い込みをしていました。

e0190756_13333419.jpgエッセンス選びにフラワーカードを使ったのですが、花の色のイメージで、なぜか「ヴァーベイン」だと決め付けてしまったのです。
そして、何の疑いもなくヴァーベインで服用ボトルを作り、飲み始めることに。
しかし、エッセンスの名前を手帳に記したところで、ふと疑問がわき上がりました。
(あれっ、写真で見た花ってヴァーベインじゃなかったような…)
改めてカードを見直して、自分が選んだ1枚をじっくり見てみたら、ヴァーベインじゃなくてヘザーだった!とようやく気づいたわけです(^_^;

何でこんな勘違いをしてしまったのだろう…と、いろいろ考えてみました。
ちょうどそのとき、「フラワーエッセンスを生きる」講座の修了に向けた提出課題のレポートに目を通していました。
そこに書かれていたヴァーベインの印象が強く残っていたからかな。。。
あるいは、ヘザーが出たことを認めたくなくて、無意識にすり替えてしまったのかな。。。
選んだエッセンスの種類を間違えるだなんて初めての経験ですが、たぶん無意識のすり替えが原因なのではないかなぁ…と思っています(^_^;

ヘザー(Heather)
[PR]
by planet_plant | 2016-09-08 10:02 | free myself | Trackback | Comments(0)

相互依存のあり方

少しだけ、時計の針を戻しましょう。

6月の新月明けから飲み始めたのが、レッド・チェストナットのエッセンスでした。

e0190756_13445140.jpgレッド・チェストナット
(Red Chestnut)

学名:Aesculus carnea
和名:ベニバナトチノキ
トチノキ科トチノキ属

人の心配をせずにはいられない人に。自分の心配をやめても、愛する人のためにしきりに気をもみます。良くないことが起こるのではないかと取り越し苦労をすることも多くあります。
エドワード・バッチ著「12ヒーラーズとその他のレメディー」(BABジャパン『エドワード・バッチ著作集』より)

「人の心配をせずにはいられない」状態に用いられるこのエッセンスは、私にとってあまりなじみのないものです(^_^; (それだからこそ記事にするので、blogだと結構取り上げていますね〜)

…何で、このエッセンス? AWENセッションでクライアントに感情移入しすぎなのかしらん???
そんなことを考えていました。
そうしたら、夢を見たのです。

***
高校の父母参観日に、母が来てくれるとわかった私は、母にこんな声をかけていました。
「お母さんの迷惑にならないように頑張るから」
母はこの高校の卒業生(つまりはOGであって、私は後輩にあたる)。さらに、高校での在職経験もある。
そんな母の評判を、娘の私が落としてはいけない…と、必死に考えていました(これらは夢の設定ではなくて、現実でも一致するもの)。

***

「お友達から『娘さんは何をしているの?』と質問されても答えられない。あなたの職業は何なの?」
母はよく、そんなふうに私に問いかけることがあります。
フラワーエッセンスを知らない人に説明するのが難しいこともあるし、複数の仕事を掛け持ちしていた私の様子から、何が本業なのかが見えてこなかった…というのもあるでしょう。
今回のAWENセッションにおいて、最初の被験者になってくれた母。
そういった背景を夢に照らし合わせて考えてみると、今回のレッド・チェストナットは親子の信頼関係にフォーカスを当てているように思えました。

持ちつ持たれつの母と娘
[PR]
by planet_plant | 2016-08-18 10:40 | free myself | Trackback | Comments(0)

ファーストペンギンとパイオニアツリー

少し時間が空いてしまいました。
昨年の投稿「闇に光を灯す」の続きで、個人的なことを綴ってみようと思います。

昨年のケルトのお茶会で、私の闇として浮上したキーワードは「私はずっと一人でもいい」というものでした。
先の投稿でも書いていますが、ちょうどパインのエッセンスと取り組んでいる期間は孤独感にさいなまれていましたから、「私はずっと一人でもいい」というキーワードが出たときの落ち込みはひどかった(苦笑)。
「えぇ〜っ!誰も助けてくれないの〜!?」と、ガックリ力を落としました。orz...

そして、この闇に光を当てていくためのフラワーエッセンスとして導かれたのが、「Larch」でした。

ラーチ(Larch)
[PR]
by planet_plant | 2016-01-30 16:45 | free myself | Trackback | Comments(0)

病の心得

7月の遠足実習で生まれたエッセンス、私は獅子座新月のタイミングから飲用を開始しました。
そうしたら、飲用5日目に体調を崩してダウン。喉風邪で高熱を出してしまいました。
…な〜んて書き方をすると、まるでフラワーエッセンスが原因のように読めてしまいますね。
残念ながら、エッセンスの好転反応ではありません。
表向きの理由は、前夜に参加した飲み会で自分の本心に従わなかったから。
(もうここでお開きにしましょう)という声に従わず、その場の楽しみを優先してしまったのです。
内なる声を無視したツケは大きかった。風邪が完治するまでに、2週間弱の日数を要しました。
内的不調和が病気を引き起こすという事実を、身をもって体感したわけで。。。(^_^;

私が風邪を引いたときには、フラワーエッセンスと同様、植物の力を借ります。
通常の“薬”とか“ケミカル”と呼ばれるものは、まず用いません。
病院に行くという選択肢も、最後の手段として残してはいますが、そこに至ることはありません。
今回は、最初にオレガノ精油のカプセルサプリメントを用いましたが、自分の身体が欲しているのを知って、エキナセアのチンキ剤に切り換えました。
過去には、インフルエンザをエキナセア1本で乗り切ったことがあります。
その経験から、私は自分の身体の治癒力に、全幅の信頼を寄せているのです。

傷を作っても、吹き出物ができても、自然に身体は治癒します。
私たちは健康であれば、怪我したり病気になったりしても、自力で身体を治そうとする力が働くのです。
ですから、安易に薬や病院に頼ろうとせず、内に秘める本来の力(自己治癒力や生命力)を、もっと信じてみてもいいんじゃないかな…。
そんなふうに思います。

でも、「風邪を引いた」と話すと、私がフラワーエッセンス・プラクティショナーと知らない人はたいてい「病院に行った?」「薬は飲んだ?」と質問してきます。
それらの質問に私が「いいえ」と答えると、心配そうな表情を示すことも。
そんな様子に、私はいたたまれない気持ちになってしまうのです(まさしくレッド・チェストナット状態ですね)。
だから、これからは「薬は飲んだ?」という質問には「飲んでる」と答えようかな〜と思っています。
もちろん、“花(植物)の治療薬”という意味でね(^_^;

バッチ博士の記述より
[PR]
by planet_plant | 2015-09-20 10:24 | free myself | Trackback | Comments(2)

Contact

目的に応じた
植物の雫を提案する
「個人セッション」と
植物や精霊、惑星との
つながりを深める
「講座」を提供。
3つの“S”
(spiritual journey
;serendipity;
sense of wonder)
をサポートします。


【main WEB】
planet*plant

【申し込み&問い合わせ】
mail form

検索

カテゴリ

about planet*plant
information
free myself
case study
field work
report
voice

タグ

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

最新のコメント

Yukaさま。 健康だ..
by planet_plant at 20:08
ははは、 全く同じタイ..
by Yuka at 12:41
いくらさん、ありがとうご..
by planet_plant at 22:52

Widget

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

スピリチュアル
スクール・セミナー